LazoGanadores de Champions LeagueOtro

世界的なバスケットボールのレジェンド、ペドロ・フェランディス

ニュース. 07/07/2022

計27タイトル(ヨーロッパカップ4回、リーガ12回、カップ戦11回)を勝ち勝ち取り、​バスケットボール部門で最も成功を収めた監督

ペドロ・フェランディスはスペインと世界のバスケットボール界でひとつの時代を築いた。我が国でのこのスポーツの歴史はレアル・マドリードに27のタイトルをもたらしたアリカンテ出身の監督の偉大な姿を抜きに説明することはできない。さらに我らのバスケットボール部門でヨーロッパカップ4回、リーガ12回、カップ戦11回を制し最も成功を収めた監督のほか、フェランディスは天才で、独自の個性に恵まれた革新的な存在だった。

インファンティル、フベニール、ジュニアでレアル・マドリードをスペイン王者にしたあとの1959年にトップチームの指揮をスタート。その年から1975年までチーム指揮と同部門の強化部を兼務した。13シーズンの間に490試合に渡ってマドリードを指揮して414勝。そのうえ並ぶのが非常に難しい記録を打ち立てた。彼と共にレアル・マドリードは1971年から1975年の3年以上に渡りリーガ88試合で無敗を継続した。

ペドロ・フェランディスはハイタワーのようなスター選手や、我がクラブの伝説的な存在であるクリフォード・ライク、ブラベンダー、ウォルター・ザービアックらと契約サインするために米国に行くなどの決定を下した先駆者だった。そしてヴァレーゼでのヨーロッパカップの試合で味方選手に自リングへショットを決めさせるなどバスケットボール史に残るシーンの主役になった。
 
栄誉
同様にスペイン代表の監督も務め(1964-65年)、1986年から1997年の間では2回に渡りレアル・マドリードのバスケットボール部門の責任者を務めた。ペドロ・フェランディスは世界のバスケットボールの発展に貢献したことで無数の賞を受賞しており、スポーツ功労による王室の十字顕彰とオリンピック功労章のネックレス、米国とFIBAの殿堂入りを果たしている。2017年2月27日には我がクラブの名誉会員として表彰された。この時同氏は「レアル・マドリードの名誉会員という称号を受け取ることになるなんて想像もしていなかった。私のスポーツ人生の中で多く高い栄誉を得て来たが、この賞を得るという知らせが私の体の繊維すべてを震撼させた。これはプロとして22年、クラブで40年単発的にやって来たサービスが認められたもの。私の人生全体はレアル・マドリードの内部とその周囲で過ごして来た」と語った。

検索