LazoGanadores de Champions LeagueOtro

マルセロの顕彰とお別れのセレモニー

ニュース. 13/06/2022. Bárbara Jiménez

「レアル・マドリードはこれからもずっとあなたの家です。世界最高のクラブで成し遂げたこと全てのことに誇りを感じてほしいと思います」とフロレンティーノ・ペレス会長は述べ、金色に輝く記章を贈呈した

クラブ史上最多の25タイトルを獲得し、546試合に出場して38ゴールを記録したマルセロへの顕彰のセレモニーがシウダー・レアル・マドリードで開催された。セレモニーはキャプテンの感動的なビデオでスタートし、フロレンティーノ・ペレス会長の言葉が続いた。マルセロにレアル・マドリードの金色に輝く記章を贈呈した会長は次のように語った。「今日は全てのマドリディスタにとって感動に満ち溢れて日ですし、深く感謝する瞬間です。このレアル・マドリードの地で偉大なキャプテンに熱い賛辞を送りたいと思います。これはサンティアゴ・ベルナベウで一人前になった青年、私たちのクラブで偉大な伝説となった選手に捧げる顕彰です。なぜなら私たちはレアル・マドリード史上、最も多くのタイトルを獲得した選手であるマルセロについて話しているからです」
 
「私たちマドリディスタはあなたが毎試合、全力を尽くしてくれたことに感謝しています。そのブラジル人としての才能とクオリティ、そしてピッチや人生での自分のあり方が、あなたを比類なき選手にしました。あなたのファンタジーと幸せが、チームが全ての偉大な成功を収めるためのベースだったのです」
 
キャプテンとしての仕事
「タイトルや成功の先に、私たちが達成してきたレアルマドリードの価値観が常に存在していることをあなたはよく知っています。それは18歳の少年としてやって来た時に受け継がれた価値観ですし、あなたがこれまで伝えてきた価値観、そしてマドリディスモという普遍的な感情を育てていくために今後も伝えていくものです」

ビデオ.ありがとう、マルセロ

「あなたとあなたの大切な人たちの幸せを願っています。レアル・マドリードは今もこれからもずっとあなたの家であり、あなたが魔法のような忘れられない瞬間を過ごした場所、あなたが選手として人間として成長した場所、あなたの大きな夢を実現した場所であることをあなたは分かっています」

マルセロ:「今日は悲しみではなく喜びの日だ」
「クラブや幸運にもキャリアを通じて一緒にプレーしてきたチームメイト、監督、家族のような用具係の人々、宿舎で働く人々、セキュリティの人々、裏方や雑用をやってくれている人々に感謝しています。僕たちはただサッカーをやることに専念していますが、それをうまくやるため、綺麗な服を着るために裏方の仕事があります。それを楽しむことができた世界最高のクラブに感謝します。僕たちは好きなことをやっており、それを楽しむ全てのものが揃っています。僕は世界最高のクラブで歴史を刻むことができましたし、その一員である全ての人たちに感謝したいと思います」
 
「また、サッカー選手としての人生をスタートした時からずっと側にいてくれて、2人の素晴らしい子供を産んでくれた妻にも感謝しています。僕たちは一緒に家族を作っていますし、今の僕、今の僕の強さがあるとすれば、それはきっとクラリスのおかげです」
 
見習うべき手本ラウール
「ブラジルを出た時、ヨーロッパのビッグクラブでプレーすることを目標にし、18歳の時にマドリードと契約を結びました。それは素晴らしい冒険でした。そして今日、世界最高のクラブの歴史上、最も多くのタイトルを獲得した選手としてここを去ることができます。僕が“カピ”と呼んでいるラウールは、僕が加入した時、とても親切にしてくれました。キャプテンとしていろいろなことを教えてもらい、息子が生まれた時にはバスケットにいろいろなものを入れてプレゼントしてくれました。そのことを忘れることは決してないでしょう。僕はキャプテンとして、お手本として、彼を見習いたいと思っていました。その感謝を伝え僕はここを去ります」
 
思い出
「今日は喜びの日で、たくさんの感動や思い出があるから泣くのです。大きな幸せを感じていますし、胸を張ってここを去ることができます。家族は僕のことを誇りに思ってくれていますし僕は幸運です。僕は幸い、これまで助けてくれた人たちに恵まれましたし皆に感謝しています。これはさようならではありませんし、マドリードを去るという実感がありません。もしいつの日か僕がここに来て、チケットを求めに来た時に手に入れられなかったら問題になるでしょう…。僕がベルナベウで先日、マドリードの将来について安心だと言ったのは、これまで同様、非常に有望な選手が揃っているからであり、さらに僕の息子もカンテラに所属しています。今日は悲しみではなく喜びの日です。僕は少年としてやって来て、ひとりの男として去ります」

金色に輝く記章
セレモニーにはまた、理事会のメンバー、カルロ・アンチェロッティ監督カルバハルアセンシオといったロッカールームのチームメイトも出席した。フロレンティーノ・ペレス会長からマルセロレアル・マドリードの金色に輝く記章が贈られ、セレモニーはブラジル人選手が我がクラブのキャリアで獲得した25個のトロフィーとともに記念撮影を行い締めくくられた。

検索