EmiratesAdidas
Real Madrid - Cádiz

ジダン、レアル・マドリード監督としてリーガ150試合到達

動画を見る

ニュース | 17/10/2020 | Rodrigo Salamanca

クラブ史上のリーガで3番目に試合数の多い監督に
ジネディーヌ・ジダン監督レアル・マドリード監督として、カディス相手にリーガ150試合に到達した。昨季のリーガタイトルを獲得したフランス人指揮官はこれまでリーガ102勝を挙げている(257勝のミゲル・ムニョスに次ぎ2番目に勝利数が多い)。

ジダンは2016年1月9日、デポルティーボ相手のリーガレアル・マドリード監督デビューを果たした(5-0)。この試合がチャンピオンズリーグ3回、クラブワールドカップ2回、UEFAスーパーカップ2回、リーガ2回、スペイン・スーパーカップ2回に優勝した、ロス・ブランコス監督としての伝説の始まりとなった。

3番目の試合数
ジダンレアル・マドリード史上のリーガで3番目に試合数の多い監督になっており、その上にはミゲル・ムニョス(424試合)、デル・ボスケ(153試合)がいるだけである。さらに、レアル・マドリードでの公式戦でも、ミゲル・ムニョス(605試合)、デル・ボスケ(246試合)に次ぎ、3番目に試合数の多い監督になっている。
検索