EmiratesAdidas
Viktoria Plzen - Real Madrid

ソラーリ: 「選手たちはその才能を披露し、美しいゴールを見ることができた」

ニュース | 07/11/2018

「チャンピオンズリーグではこうした特徴の試合をしなければ0−5で終わることはない」と付け加えている
レアル・マドリードがヴィクトリア・プルゼニと対戦したあとソラーリ監督がドーサン・アレナの会見場で試合を振り返った。「我々は最初から最後まで真剣な試合をした。選手たちはゴール前でその才能を披露した。我々は美しいゴールを見届けた。チャンピオンズリーグではこういった特徴の試合をしなければ0−5で勝つことはない。私は満足し幸せだが、手柄は選手たちのもの」。

「チームには偉大な選手たちがいる。彼らは自分たちがたどり着きたいとこまで到達するだけの力がある。それを過去に証明している。彼らには限界点がなく、今後敵が我々にダメージを与える試合もあるのは間違いないが、この真剣さと責任感があれば得点できないというのは難しい。私は今日のゴールを楽しんだ。とても素敵なものだった」。

ケイラー・ナバスを賞賛
ケイラーは1人の紳士。それは私が下した決定、ケイラーは選手として私が賞賛しており、人間として尊敬している。プレーしない時も含め彼はチームで重要な選手の1人。とても愛されている選手の1人で、ゴールマウスに立っている時もそうでない時もとても重要な存在であり続けている」。

我々は最初から最後まで真剣な試合をした

「選手たちは良いコンディションで試合を迎えていた。それは彼らの手柄。シーズンはとても長く、違った時期がある。次我々には日曜日に別のとても難しいし試合が待っており、同じような真剣さで挑まなければならない」。
 
自分自身がシーズン最後まで監をしていると感じる?

「今私が考えられるのは次の試合まで。全ての効果は私から見て良いもの。私が見えることができるのは鎖の連結部分だけ。サッカーは目の前のことだけで、一番大事なのは次の試合。我々は十分な合格点でこの試合に合格し、今我々は次の試合のことを考え、自分たちの強さ、エネルギーをそこに注いでいかなければならない」。

危機はすでに過去のもの?
「君はレアル・マドリードのことを知らない。我々は絶え間なく常に危機状態にあり、チャンピオンズリーグで優勝を飾った時でもそこに含まれれる」。

オドリオソラとレギロン
「2人はともにとても若い選手。それぞれレアル・ソシエダBとカスティージャに所属していた2年前には2部Bリーグで対戦している。今は2人がここにいて、手堅くプレーし、それがチームにとって重要なこと。ハビ・サンチェスの欧州でのデビューも同じく大事。彼はすべてのカテゴリーを経験し、カンテラにとって一つの模範になる」

検索