EmiratesAdidas
Viktoria Plzen - Real Madrid

セルヒオ・ラモス、ヨーロッパカップでクラブ史上3位の勝利数を誇るマドリディスタ

動画を見る

ニュース | 07/11/2018 | Antonio M. Leal

「適した道を歩んでいるし勝利を重ねていくことが大事」とキャプテン
 大勝したビクトリア・プルゼニ戦で先発出場を果たしたセルヒオ・ラモスヨーロッパカップ72勝目を達成した。この数字でキャプテンは欧州最大の大会でクラブ史上3番目の勝利数を達成した選手となった。試合終了後のミックスゾーンで「勝利を重ねることが重要だ。高いテンションの中自分たちは過ごしてきたし、今は適した道を歩いている。このラインを続けていかないといけない」
 
「ここ最近外転筋に痛みがある中でプレーをしてきたけど、結果は新しい選手を試すことを許してくれた。ロッカールームでチームメートととても楽しく過ごせた」
 
感謝

「自分は3日に1回ピッチで話をするチャンスがある。ずっとベルナベウには感謝することだろう。14シーズンを過ごして1日ブーイングをされたとしても秤にかけてそれを補う。自分は批判と生きることにはとてもなれている」

これがとてもポジティブな流れの始まりになることを
 

「ジュレンとソラーリのチームへの働きを比較する必要はない。落ち着きを持つことが大事だし、試合に勝つことでそれは手にすることが出来る。これがとてもポジティブな流れの始まりになることを祈っている」
 
ハヴェルとの接触プレー
「偶然的な出来事だ。このプロの仲間に対して自分は一度たりともダメージを与えようと思ったことはない。鼻へのインパクトがあったし、経験からその箇所はデリケートな部分であることは知っている。試合終了後にロッカールームに彼を探しにいったけどいなかった。出来るだけ早く回復することを祈っている」
 
初勝利
セルヒオ・ラモスサンティアゴ・ベルナベウで行われた2005年9月のオリンピアコス戦でチャンピオンズリーグ初勝利を飾っている。以降、4度のヨーロッパカップを獲得。さらにこのタイトルを3度獲得したクラブ史上唯一のキャプテンである。得点に関してはここまで11得点を記録。デシマウンデシマ決勝で決めたタイトルにつながる得点など、そのいくつかはクラブの歴史に刻まれている。
 
歴史
ヨーロッパカップの歴史の中で唯一二人のマドリディスタだけがセルヒオ・ラモスを上回る勝利数を重ねている。90勝のカシージャスと74勝のラウールだ。マドリードのキャプテンは71勝のクリスティアーノ・ロナウドをビクトリア戦の勝利で上回った。現メンバーの中では62勝で5位につけているマルセロと、61勝で7位に付けているベンゼマの両名も際立った成績を残している。

検索