1. Close
    リーガ14節
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    レアル・ソシエダレアル・ソシエダ
    試合情報
    リーガ, 14節
      サンティアゴ・ベルナベウ
     11/23/2019
    21:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

  2. Close
    ユーロリーグ8節
    Live the match inWiZink センター
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    バルセロナ・ラッサバルセロナ・ラッサ
    試合情報
    ユーロリーグ, 8節
      WiZink センター
     11/14/2019
    21:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

    Siguiente

    ユーロリーグ21:00レアル・マドリードvsバルセロナ・ラッサ

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

Barcelona-Real Madrid

2-1:アンフェアな敗戦

マッチレポート | 26/10/2013 | アルベルト・ナバーロ

負ける試合ではなかった。0-1とリードされていた時間帯に、レアル・マドリードに与えられるべき明らかなPKが2本あったが(アドリアーノのハンドとマスチェラーノのロナウドへのファウル)、主審はいずれも見逃した。
  • リーガ
  • 10節
  • 26/10/2013
カンプ・ノウ
2
1
マドリードは代表ウィーク明けの試合で2連勝と勢いをつけて今季初のクラシコに挑んだ。アンチェロッティ監督はセルヒオ・ラモスを中盤の中央に配置し、クリスチアーノ・ロナウド、ベイル、ディ・マリアに攻撃を任せた。

立ち上がりは戦術の激突となり、両チームともチャンスらしいチャンスをつくれなかった。15分にベイルがロングシュートでこう着状態を打ち破ったが、先にゴールを奪ったのはバルセロナだった。5分後、ネイマールが個人技からシュートを放つと、これがバランに当たり、ディエゴ・ロペスの逆を突いた。

思いがけない失点だったものの、公式戦のアウェーゲームで無敗を維持していたレアル・マドリードは、バルデスが守るホームチームのゴールを脅かし始める。ネイマールの先制点が決まった瞬間から30分過ぎまでのボール支配率はマドリードが上回り、26分には同点ゴールに迫った。しかし、ペナルティーエリア端からベイルが放ったシュートはクロスバーを超えた。

そして43分、このゲーム最初の疑惑のシーンが訪れる。ロナウドが左サイドから入れたクロスをケディラがペナルティースポット付近からシュート。これをバルデスがゴールラインでかろうじてかき出すと、ボールはアドリアーノの腕に当たってバルデスの足元に戻ってきた。

後半はレアル・マドリードのほうが優勢だったものの、不本意な結果に

後半は前半よりはるかにオープンな展開となった。それを証明するように、開始15分までに両チームとも得点機を迎える。まず54分にネイマールがディエゴ・ロペスとの1対1に挑んでいったが、勝負はディエゴ・ロペスの勝ち。4分後にはマドリードに同点の絶好機が訪れる。今度はロナウドがバルデスと1対1になったが、バルサの守護神は見事な反応を見せ、再びチームを救った。続くCKの場面ではディ・マリアがペナルティーエリア端からボレーで狙うも、またしてもバルデスが立ちはだかった。

試合の主導権を握り、多くのチャンスをつくっていたマドリードがゴールを奪うのも時間の問題に思えた。イジャラメンディとベンゼマの投入で活性化されたチームは、少なくとも同点には追いつくはずだった。だが、マスチェラーノが明らかにクリスチアーノ・ロナウドを倒した70分の場面でも主審はPKを与えない。この試合2度目となるこの疑惑のシーンから1分後、ベンゼマがペナルティーエリア外から強烈なミドルを放ったが、これはクロスバーを直撃した。

幸運の女神には見放されたマドリードだったが、諦めることなく同点ゴールを狙っていった。試合内容から考えれば、正当なスコアとは言えなかった。そしてエル・ブランコがベストの戦いを披露していた78分、バルセロナに2点目が生まれる。アレクシスが山なりのシュートでディエゴ・ロペスの意表を突いた。それでもアウェーのマドリードは自分たちのサッカー哲学を貫き、試合の最後まで戦う姿勢を見せる。そしてロスタイムに入ってヘセが1点を返したもののタイムアップ。レアル・マドリードにもっと得点が入っていたはずのクラシコは、バルサの2-1の勝利で終了した。

検索