LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Real Madrid - Olympiacos

88-71:レアル・マドリード、オリンピアコスとのプレーオフで1-0の先勝

ギャラリー

マッチレポート | 15/04/2014 | Edu Bueno

ラソ監督のチームはルディの活躍(20ポイント、評価34)でギリシャチームを大きく上回り、ユーロリーグ・プレーオフ準々決勝で先行した。
  • ユーロリーグ
  • 1 (ベスト8)
  • 火, 15 4 15/04/2014
パラシオ・デ・ロス・デポルテス
88
71
レアル・マドリードはホーム唯一の無敗チームという名誉を保ち、エル・パラシオでの熱狂的なサポートによりユーロリーグ・プレーオフ準々決勝初戦で現ヨーロッパチャンピオン相手に勝利した。20ポイントを決め、3ポイント6本中4本を成功させ、評価34と最高の出来だったルディがチームをリードし、ミロティッチ(15ポイント、6リバウンド、5スティール、評価24)、チャチョ、リュル(ともに12ポイント)がサポートし、ロス・ブランコスはオリンピアコスをチームスピリットと勝利への飢えにより最初から最後まで圧倒した。48時間後には同じステージで第2戦が行われる。

エル・パラシオはプレーオフの幕開けで白色に染まり、チームはセンセーショナルな第1クォーターでそれに返答した。ハイペースで両チームの得点が決まり、レアル・マドリードはギリシャチームに自分たちの目的を警告し、守備では最高レベルにあることを証明した。ダーデンはSpanoulisを0ポイントに抑え、ミロティッチ-ボウロウシスのコンビはリング下で相手を上回った。ロス・ブランコスの攻撃のリサイタルで幕を開け途中経過9-3。7分にはすでにマドリード選手全員がポイントを挙げていた。あらゆる場面に姿を見せるミロティッチ(9ポイント、4スティール)により、2ファールでDunstonをベンチ行きとさせ、ラソ監督のチームはアウェーチームの上を行くためギアをトップに入れていた(10分:27-12)。

ギリシャチームのリアクション
しかし現チャンピオンは第2クォーター、プライドを持って挑んできた。マドリードはよりアグレッシブになったディフェンスに苦労し慌て出した。ショットは入らず、一方、Bartzokasのチームは、より粗野でフィジカル的なプレーが審判に認められ、マドリードの陣地でゲームを行った。Spanoulis、Printezis、Simmonsのショットは第2クォーターの29ポイント中24ポイントを占め、ロス・ブランコスの頭痛の種となり、試合は18分で40-40の同点に。

レアル・マドリードの評価108に対しオリンピアコスは66

しかしオリンピアコスはまだレアル・マドリードの新たな猛攻撃に苦しまなければならなかった。ルディとチャチョがチームを救出。2人はギリシャチームディフェンスを解体するのに十分な活躍を見せた。まずルディが3ポイント、そしてスペクタクルなダンクを決めたスローターのアリーウープをアシストし、その後、セルヒオがファールをもらい2+1の3ポイントを決めた。2分での途中経過は8-1で、ハーフタイムまでに7点差とした(20分:48-41)。

ルディがSpanoulisを凌駕
Spanoulisが4本の3ポイントでハーフタイム後に4点差と詰め(23分:50-46)、絶え間なく得点するも、マドリードはその状況を頭で処理する方法を知っていた。ルディが試合を指揮し9ポイントを決め、第3クォーターでは再びギリシャチームの悪夢となっていった。7ポイントを連続で決め途中経過18-7とリードし、マドリディスタは37分に最も得点差をつけていた(64-48)。

ロス・ブランコスはリバウンドはコントロールし、Dunston、Printezisを制圧し、オリンピアコスをカウンターでさばいていった。ミロティッチとチャチョがルディの攻撃力を引き連れ、最終局面で10ポイントを超えるいつものチームの攻撃力をキープ。35分のメジュリの3ポイントが81-63とし、事実上、試合を決定づけるものとなった。
ギリシャチームは彼らの原則に忠実に、スポーツ的、非スポーツ的な両方の手段で勝利を目指したが、ラソ監督のチームはそれを許さなかった。リュルは準々決勝初戦を勝利するため、オリンピアコスのあらゆるリアクションの手がかりを一掃した(40分:88-71)。


試合結果
レアル・マドリード 88 (27+21+22+18)
スターター:リュル (12), ルディ (20), ダーデン (7), ミロティッチ(15) , ボウロウシス (6)
:ドラッパー (0), レジェス (9), セルヒオ・ロドリゲス (12), ディエス(2), メジュリ(3), スローター(2) ,バレイロ (-).

オリンピアコス 71 (12+29+15+15)
スターター:Mantzaris (5), Spanoulis (18), Papapetrou (2), Dunston (6) ,  Shermadini (5)
:Perperoglou (2), Petway (6), Sloukas (7), Collins (-), Simmons (8), Lojeski (2) , Printezis (10).

12

パワーフォワード

5

スモールフォワード

検索