EmiratesAdidas
Real Madrid - Huesca

4-1: レアル・マドリードがウエスカにゴールラッシュを展開して首位に

ギャラリーを見る

マッチレポート | 31/10/2020

アルフレッド・ディ・ステファノでアザールのゴラッソ、ベンゼマのドブレテ、さらにバルベルデの得点によりリーガ5勝目
  • リーガ
  • 8節
  • 土, 31 10
アルフレド・ディ・ステファノ
4
1
レアル・マドリードリーガ5勝目、アルフレッド・ディ・ステファノ・スタジアムでウエスカを相手にゴールラッシュを展開した。前半終了前に2点を挙げたジダン監督のチームは首位に立った。特に鮮やかなシーンとなったのはアザールの得点で、エリア外から放ったパワフルなシュートで1-0とした。バルベルデ、さらにドブレテを決めたベンゼマがマドリードの勝利を確かなものとした。

前半は力の差が拮抗した展開となったが、残り5分で全てが変わりマドリードが2得点した。先制したのはアザール。今季初先発となったベルギー代表は40分にボールを受けると数メートル前進、スペクタクルな形で左足を振り抜くと相手GKのアンドレス・フェルナンデスはどうすることもできなかった。このゴールがロス・ブランコスに勢いを与え、前半最後のプレーで点差を広げる。ルーカス・バスケスがファーサイドへクロス供給、ベンゼマが胸でコントロールしたあと左足で逆サイドのゴールネットへ2試合連続となるシュートを決めた。

ベンゼマは最近2試合で3ゴールをマーク

最近7日での3試合で9得点を記録しているマドリディスタスの決定力はハーフタイム後も威力を発揮する。54分、アザールベンゼマの見事なコンビネーションからフランス人選手が逆サイドへクロス、バルベルデが最後の仕上げを担当。ボールコントロールは完璧で、逆サイドネットへのシュートは止めることができないものだった。こうして試合の3点目がもたらされた。

勝負は決まったが、得点機は引き続き訪れた。63分、個人技で抜け出したビニシウスJr.が左足でラストパス、ベンゼマのボレーシュートはセンチ単位でゴールの枠を逸れた。ウエスカは試合を諦めず、75分フェレイロのゴールで点差を縮める。ロスタイムに入ってベンゼマがゴールラッシュを締めくくり今季初となるドブレテを達成した。マルセロがクロス、ロドリゴがヘディングでアシストしたあとフランス人選手が4-1とした。チームはゴールラッシュでリーガ首位の座につき、すでに次のチャンピオンズリーグのインテル・ミラノ戦(スペイン時間:11月3日21時、日本時間:4日5時)へ思考を切り替えることになる。

検索