EmiratesAdidas
Real Madrid - Éibar

ジダン、エイバル戦でレアル・マドリードでの200試合指揮に到達

動画を見る

ニュース | 12/06/2020

これまで10タイトルを勝ち取っているフランス人指揮官はクラブ歴代3番目の試合数を誇る監督となっている
ジネディーヌ・ジダン監督がリーガ再開となったエイバル戦でレアル・マドリード指揮官として200試合を迎えた。その経歴は多くの成功に彩られている。すべてのマドリディスタの記憶には2016年、2017年、2018年のチャンピオンズリーグ3連覇が残り続ける。

他にもクラブワールドカップ2回、UEFAスーパーカップ2回、リーガ1回、スペインスーパーカップ2回と、計7つのタイトル獲得を果たしている。ここまで最後のトロフィーはジッダ(サウジアラビア)で行われた決勝でアトレティコ・マドリードを破ったスペインスーパーカップだった。
 
歴史に残る功績
ジダン監督はレアル・マドリード率いた指揮官として歴代3番目で、これを上回るのはデル・ボスケ(246試合)、ミゲル・ムニョス(605試合)だけとなっている。大会別の指揮試合数は、リーガ(135試合)、チャンピオンズリーグ(40試合)、国王杯(15試合)、クラブワールドカップ(4試合)、スペインスーパーカップ(4試合)、UEFAスーパーカップ(2試合)。うち131試合に勝利している。
検索