EmiratesAdidas
Real Madrid - Juventus 1998

ロレンソ・サンス氏死去を受けてマドリディスモの反応

ニュース | 22/03/2020

「マドリディスタは彼のことを忘れない。ずっと彼と共に生き続ける」とラウール
マドリディスモはロレンソ・サンス氏の死去を受けて喪に服している。クラブの選手、監督、レジェンドたちが1995–2000年レアル・マドリードの会長を務めた人物を失ったことに遺憾の意を示した。ラウールレアル・マドリードTVでその心境を語っている。「ご家族、すべてのマドリディスタに哀悼の意思を示したい。ロレンソは2つのものに情熱を注いでいた。それは自身の家族とレアル・マドリードだった。マドリディスタは彼のことを忘れないだろう。彼はずっと我々と一緒にいる。彼はとても身近な存在で愛情深かった。決して簡単ではない状況でセプティマ(クラブ7回目の欧州制覇)とオクターバ(8回目の欧州制覇)を成し遂げた。偉大な選手たちを獲得し、ファンに多くの喜びをもたらしたチームの礎を築いた。誰もが大きな愛情と共に彼のことを覚えている」。

「多くの選手たちにとって、ロレンソは父親のような存在だった。私は彼の家族と知り合う機会があったが、それは素晴らしいものだった。だからこそ今の状況というのはさらに残酷。フロレンティーノ・ペレス会長が言ったように偉大なる顕彰の場が設けられるし、レアル・マドリードが試合をするたびに彼は我々とともに居続けることになる」。
 
ロベルト・カルロス「私がマドリードで勝ち取ったものの全ては彼のおかげ」
「報せを聞いて悲しんでいる。だけど私がロレンソ・サンスについて話す時、それは多くの喜びを意味する。偉大な人物が我々の元を去って行った。レアル・マドリードにとって多くのことをしてきた人物で、それはチャンピオンズリーグだけではない。選手たちに対し大きな信頼を示し、だからこそ大きな喜びと共に彼のことを語る。今は悲しい時。彼について話すのは彼が我々、選手やクラブ、ファンのためにしてきたことがあるから。残念だけど、その偉大な人間性、クラブへの情熱は残り続ける。私は彼がしてきたことに感謝しなければならない。私は歴代最短で補強を決めた1人。彼は10分で私を獲得し、私がレアル・マドリードで勝ち取ったすべてのものは彼のおかげ」。

カランカ「家族全員に抱擁を捧げる」
「もう何年も前のことだが、我々がクラブへたどり着いた時に温かく迎えてくれた彼のご家族すべてに抱擁を捧げたい。また一家の父を失った経緯による痛みは想像に余りあるものでさらに残酷。私がチームに加わった時に目の当たりにしたのは世界最高の顔ぶれ。ロッカールームに入った時に分かったのは家族の一員になったということ。5年が経て分かるのはロレンソの像がその変化をもたらしたという現実。偉大な選手たちを迎え、生き残り続け戦い続けるために戦力を放出しなければならなかったということ。偉大な選手たちが去り、別のメンバーが加わったことで例えばパリでのチャンピオンズリーグ優勝がもたらされた。彼は親近感のある人物で、彼の家族すべてがそうだった」。

サンチス「彼はとても賢く、成功に包まれるチームを構築した」
「我々は何年もかけてチャンピオンズリーグ優勝を目指していた。セプティマのシーズンは笑顔で終わる感じではなかったが、最後には優勝カップを手にした。ロレンソはとても賢く、成功を得るだけのチームを構築するための決断を下した。あらゆる補強を的中させた」。

イエロ「ロレンソは革命的な存在だった」
「彼は父親のようだった。チャンピオンズリーグを勝ち取るだけの力がある年代の選手たちを束ねて行った。32年が経過し、誰もレアル・マドリードが欧州の頂点に立つと思っていなかった時に我々は2度チャンピオンズリーグを制した。それはロレンソのおかげだった。自身が連れてきた選手たちとともに彼は革命的な存在だった。彼はレアル・マドリードが欧州で偉大な位置を取り戻すべきだとの信念を持っていた。我々はチャンピオンズリーグで2回優勝しクラブを世界レベルで別の次元へ導いたが、それは再認識されなければならない」。

モリエンテス「すべての選手が彼のことを父親だと言っていた」
「私をレアル・マドリードへ連れて来たのは彼で、彼の子供の1人であるフェルナンドとの親交のおかげで彼と良い関係を作る幸運があった。彼はとても親近感のある人だったから、すべての選手たちの意見が一致していたのは彼は父親のようだったということ。大きな愛情と共に彼のことを覚えている。ロレンソの時代には2度のチャンピオンズリーグ優勝が達成され、大きな愛情と共にそれが再認識されるべき」。
 
イバン・カンポ「ロレンソはレアル・マドリードのために多くのものをもたらした」
「私がロレンソ・サンスとともに過ごすことが出来たのはとても特別なもの。彼は私を家へ呼んだ。彼の家族の中でのロレンソの姿というのはその他を導く星のようなもの。レアル・マドリードのために多くのことを成し遂げ、わずかの時間でたくさんのタイトルを勝ち取った。彼のクラブへの愛は誰もが知っている。彼の選手への家族的な扱いが、我々にチャンピオンズリーグ優勝をもたらした」。
 
アルベルト・エレーロス「人間的な魅力に溢れていた」
「起きたことを残念に思う。偉大な人物として大きな愛情と共に覚えている。とても気さくな人で、相手がいろんな事柄についてうまく行っているかいつも心配していた。とても親近感のある人。たくさんの選手たちが子供のロレンソとの交流から彼の家へ行っていた。我々はたくさん話をし、彼は僕らのことや家族を気にかけ、人間的な魅力に溢れていた」。
検索