EmiratesAdidas
Real Madrid - Levante

ジダン:「ゴールやいいプレー、献身さがあり、前半は素晴らしかった」

ニュース | 14/09/2019

「90分間、前半のようなプレーをすることを考える必要がある」と記者会見で指揮官は付け足した

ジネディーヌ・ジダン監督が勝利したレバンテ戦後、サンティアゴ・ベルナベウでの記者会見に出席し試合を次のように分析した。「いいプレー、ゴール、献身さのあった前半、驚異的なプレーをやって勝ち点3を獲得した。一方。後半は我々にとって少し難しいものとなった。相手がすぐにゴールすると、少し状況は変わってしまう。我々は90分間、前半のようなプレーをすることを考える必要がある。それは我々にとっていいことだ」

「後半、ゴールチャンスがあったが、フィジカル面のせいがあるかもしれない…私は言い訳をしたくないが、多くの選手が外に出ており、ほとんど休んでいないのは本当だ。カゼミーロは継続することができなかったし、セルヒオはヒラメ筋に問題があった…。そしてハメスアザールはわずか4回しか全体練習を行っていなかった。我々は前半を高く評価しているし、少しずつ進んでいくよ。自分たちのすべきことは前半のようなプレーをもっとやることだ」

アザール
「より垂直に動き、ボールを持った時にとてもいい。彼に足りないのは練習をもっとやることだ。チームで4回しか練習をしていないからね。我々は彼が素晴らしいことを分かっているが、我々には多くの試合があるのでそれをコントロールする必要がある。私はこれ以上、誰にも怪我をして欲しくない。アザールは我々に多くのものをもたらせてくれるだろう。まだスタメンでプレーするための準備ができていない。なぜならわずか4回しか練習をしていないからね」


ベンゼマ
「私が言えるのはあれを継続するということだ。あのようなカリムを見れるのは重要なことだよ。我々は満足しているし、観衆が拍手を送るのを見た。我々はあれを続け、後半を改善することを目指す必要がある。私はカリムの最新の試合がベストだとずっと聞いてきた」

ベンゼマは常に素晴らしいレベルのプレーをしているし、常に全力を尽くし準備できている


「我々は多くのことを改善できることを分かっているし、落ち着いてそれを行うつもりだ。我々は試合でより長い時間ベストのプレーをやらなければいけないし、それは起こることだ」

中盤
「我々は怪我人を見ているが、それが起こっていることなんだ。監督は自分の選手たちに適応しなければならない。ベンチを見た時、他のことをやれる可能性がなかったので、我々はクロースルーカスで試合を終えた。我慢しなければいけなかったし、我々はそれをしたんだ。後半のプレーに満足することはできないが、我々はそれを目指したんだよ」


ビニシウスとゴール
「彼は19歳なので、少しずつ進んでいかなければならない。物事は仕事で達成されるものであるし、大事なのはチャンスを作ること。我々にはより多くのゴールを決めるチャンスがあったのは間違いないし、それに固執する必要がある。私はただ、よりよくなるために全ての選手の仕事について考えている」

ハメス
「高いクオリティを備えているし、常にそれを備えていた。彼は何も変わっていない。フィジカル面で最後に苦しんだが、個性や献身さを発揮していたよ。疲労困憊していたが、私はピッチで全力を尽くしてくれたので彼に満足している。今、我々はしっかりと休み、次の試合の準備をするつもりだ」

守備
「改善しなければいけないし、そのための仕事に取り組むつもりだ。我々は失点を減らし、もっとゴールを決めるつもりだ。私はそのことを確信している」
 

検索