EmiratesAdidas
Celta - Real Madrid

1-3: バライドスでの偉大なる勝利、そして首位スタート

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 17/08/2019

ベンゼマ、クロース、ルーカス・バスケスが30分以上1人少ない中でプレーしたロス・ブランコスに勝利をプレゼントした
  • リーガ
  • 1節
  • 土, 17 8
バライードス
1
3
レアル・マドリードはバライドスでセルタを下し、1位でリーガ開幕節を終えた。ベイルの素晴らしプレーを仕上げたベンゼマ、ペナルティエリア外からスペクタクルなゴールを決めたクロース、そしてルーカス・バスケスが、57分にモドリッチがレッドカードを受けた後、苦しみに耐えたロス・ブランコスに勝利をプレゼントした。先制点は開始10分をわずかに過ぎたところでアウェーチームに訪れる。左サイドでパスを受けたベイルが2度の切り返しでバスケスをかわし、ゴールエリア内で難なく合わせたベンゼマをアシストした。その1分後にもベイルが再び主役となったが、ペナルティエリア外からのシュートはGKルベン・ブランコの手に収まった。

その後、セルタが反撃を開始し、同点ゴールを目指してボールを支配し、30分にゴールに迫る。しかしアスパスのクロスをバランがギリギリのところで触り、ガブリエル・フェルナンデスにシュートを打たせなかった。その後、レアル・マドリードが2度リアクションを見せるも、ルベン・ブランコのスーパーセーブにより点差を広げることはできなかった。モドリッチがペナルティエリア内からコントロールショットを打ったがルベン・ブランコに防がれた。そして44分、ベンゼマが相手ライン 間を通すパスを出した後のベイルのシュートはルベン・ブランコのダイビングセーブに阻止された。一方、前半アディショナルタイム、VARの助言を受けたエストラーダ・フェルナンデスがアスパスのオフサイドにより、ブライス・メンデスのゴールを取り消している。

レアル・マドリードはリーガ開幕戦、11シーズン無敗をキープしている

後半は別のリズムでスタートし、最初のプレーでベンゼマが追加点に迫った。ビニシウスJrがDF裏に抜けるマルセロにパスを出し、マルセロのマイナスのクロスをベンゼマが合わせるも、わずかに枠を捉えられなかった。このプレーがセルタを刺激し、アスパスのライン間の動きでチャンスを作り始める。しかし48分にクルトワがアスパスとの1対1をストップすると、その2分後にはゴールエリア内でのブライス・メンデスのシュートをカゼミーロが胸でブロックした。

クロースの芸術的なゴール
57分にモドリッチがデニス・スアレスへのファールでレッドカードをもらい退場になった後、全てが難しくなった。レアル・マドリードは一人少ない中で30分以上戦わなければならず、その次のプレーでクルトワがアラウホの強烈なヘディングシュートをスーパーセーブした。ロス・ブランコスはアドバンテージをキープするため苦しみに耐える必要があったが、61分にクロースが姿を現し、全ての状況を変える芸術的なゴールを記録した。クロースはペナルティエリアから離れたところでボールを受けると、顔を上げ、相手ゴール上隅にミサイルを打ち込んだ。ボールはクロスバーを叩いた後にゴールラインを割り、ロス・ブランコスはさらにリードを広げている。

ルーカス・バスケスが試合を決す
クロースのゴラッソがセルタに第ダメージを与えると、ジダン監督ビニシウスJrベイルに代えて、ルーカス・バスケスイスコをそれぞれ投入し、チームをリフレッシュした。そしてルーカスが80分に試合を決める。ペナルティエリア正面でボールを受けたベンゼマが右にパスを出し、ルーカスがロス・マドリディスタスのリーガの華々しいスタートを決めるゴールを記録したのだった。その後、後半アディショナルタイムにイケル・ロサーダが点差を詰めたが、ロス・ブランコスが勝利した。

検索