EmiratesAdidas
Celta - Real Madrid

1対4: 首位奪回したレアル・マドリード、リーガ優勝をかけた戦いをマラガで

ギャラリーを見る

マッチレポート | 17/05/2017

クリスティアーノ・ロナウドの2得点、ベンゼマ、クロースの得点でチームはビーゴで勝利を飾り、最終節ラ・ロサレダでのマラガ戦で勝ち点を重ねればリーガ王者に
  • リーガ
  • 21節
  • 水, 17 5
バライードス
1
4
ベストな状態のクリスティアーノ・ロナウドに牽引されたレアル・マドリードは、リーガ優勝に向けて残された2つの関門の1つであるビーゴでの試合をしっかりと通過した。延期されていたリーガ21節のセルタ戦で、ロス・ブランコスは大事な勝ち点3を獲得。首位を奪回し、最終節の戦いでも自分達次第で優勝を決められる有利な状況をキープした。2位バルセロナとの勝ち点差は3、マラガとの対戦で勝ち点を獲得すればレアル・マドリードはリーガ優勝を飾ることになる。
 
どちらのチームも果敢にゴールを目指すが、最初にチャンスを作ったのはレアル・マドリードだった。5分、ベンゼマがボールを受け、ゴールライン際から折り返したが、合わせる選手はいなかった。ただ、これは5分後に訪れる歓喜の予告となった。イスコがクリスティアーノ・ロナウドにボールを繋ぐと、ポルトガル人FWは3タッチでスコアボードを動かす。最初のタッチはコントロール、2つ目はボールをシュートポジションに置くもので、3タッチ目は左足からミサイルを発射。このシュートの前にセルヒオは一歩も動くことができなかった。
 
チャンス
得点リードしたロス・ブランコスだが、セルタは気落ちすることなく反撃を繰り返す。ケイラー・ナバスは14分、ジョニーのロングレンジのシュートをストップ。30分が経過する前に、アウェーチームは得点差を広げるチャンスを手にした。26分、モドリッチのライン間からベンゼマが抜け出し、クリスティアーノ・ロナウドへパスを送るが、ボールがC・ロナウドに届く前にロンカグリアがクリアし、ゴールラインを割った。

レアル・マドリードは公式戦63試合連続得点

どちらのゴール前でもチャンスが訪れる展開。37分のアスパスのシュートはゴールの枠を僅かに外れていく。ハーフタイム前の最後の決定機は欧州王者のレアル・マドリードが掴む。クロースのパスからベンゼマがGKとの1対1のチャンスを手にする。だが、ベンゼマのシュートはセルタの守護神が2度に渡りストップした。
 
クリスティアーノ・ロナウド2得点
チームはこれ以上ない形で後半をスタートさせた。3分、レアル・マドリードは得点差を広げることに成功。イスコのライン間を通すスペクタクルなパスだけでなく、しっかりと走り込み、セルヒオとの1対1を制したクリスティアーノ・ロナウドの左足の高い決定力とスペクタクルなパフォーマンスで、0-2とした。この試合で2得点を決めたクリスティアーノ・ロナウドは、ここ最近の8試合で13得点とゴールを量産中である。
 
試合を決めるベンゼマのゴール
62分、アスパスが2枚のイエローカードで退場となり、セルタは数的不利に。そんな状況ながら、セルタはレアル・マドリードのゴールへと迫り続ける。68分、ワスが1対1のチャンスを掴むが、ケイラー・ナバスが好プレーを見せる。だが、その1分後、グイデッティのシュートがセルヒオ・ラモスにあたり、軌道を変えゴールに吸い込まれていった。セルタは得点差を縮めることに成功。残り時間は20分、だがレアル・マドリードはすぐにリアクションを見せた。70分、チームは3点目を決める。完璧なマルセロのアシストから、ベンゼマが相手の裏を完璧に取り、ネットにボールを押し込んだ。
 
以降、ゲームの主導権はアウェーチームに。75分、クリスティアーノ・ロナウドが1対1のチャンス、その1分後にはイスコがチャンスを掴むが、再びセルヒオが好セーブを見せゴールを許さない。85分、モドリッチがゴールエリア内で決定的なシュートを放つが、セルタ守護神が立ちはだかった。だが、88分、クロースはきれいなフェイントで相手を交わし、正確なシュートを放ってゴールネットを揺らした。レアル・マドリードはリーガ優勝まであと一歩のところへたどり着いた。王者になるために残された試合は、日曜日のマラガ戦だけとなった。

検索