EmiratesAdidas
Real Madrid - Kashima Antlers

マルセロ,デビュー10周年

動画を見る

ニュース | 07/01/2017

レアル・マドリードで382試合出場し13タイトルを獲得
 2007年1月7日、 マルセロはリアソルでマドリディスタとしてデビューを果たした。弱冠18歳でブラジル人DFはその偉大なキャリアをスタートさせ、レアル・マドリードの歴史にその名を刻んできた。10年後の今、マルセロはチームのセカンドキャプテンであり、公式戦382試合に出場を記録。この数字はマルセロを外国人選手試合出場ランキングでロベルト・カルロス、ディ・ステファノに続く3位にするものだ。
 
この10年で獲得したタイトルを見てもスペクタクルなもの。これまでに13タイトルを獲得しており、内訳は次のようになっている。チャンピオンズリーグ2回、クラブW杯2回、UEFAスーパーカップ2回、リーガ3回、国王杯2回、スペインスーパーカップ2回。さらに左サイドの守備的な位置からの攻撃的なプレーから26得点をこれまでに記録。
 
2度のチャンピオンズリーグ決勝でのゴール
マルセロはアトレティコ・マドリードと2度対戦したチャンピオンズリーグ決勝でゴールを決める名誉を持っている選手。10度目のチャンピオンズリーグでは延長戦で3-1となるゴールを決め、11度目の欧州タイトルではPK戦でネットを揺らした。リーガの成績に関して見ると、マルセロはマドリディスタとして多くの勝利を手にしている選手の1人であり、200を超える勝利数でランキング17位につけている。
検索