1. Close
    リーガ6節
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    オサスナオサスナ
    試合情報
    リーガ, 6節
      サンティアゴ・ベルナベウ
     09/25/2019
    21:00
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

  2. Close
    Champions League2節
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    ブルージュブルージュ
    試合情報
    Champions League, 2節
      サンティアゴ・ベルナベウ
     10/01/2019
    18:55
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

    Siguiente

    Champions League18:55レアル・マドリードvsブルージュ

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

contenido

レアル・マドリードが3年連続でトロフィーを勝ち取った

ロス・ブランコスはCBグラン・カナリアとの決勝を制し、今シーズン2つ目のタイトルを掴んだ

レアル・マドリードはカップ戦王者としての座を改めて確かなものとし、ラ・コルーニャで行われた大会で3年連続となるタイトルを獲得した。パブロ・ラソ率いるチームはバロンセスト・フエンラブラダ(101-84)、ラボラル・クチャ(80-86) と下したあと、決勝でCBグラン・カナリアを破って(81-85)マドリディスモに歓喜をもたらした。

勝因となったのはマドリードの手堅い試合運びで、ほぼ1試合を通してリードを守り続けた。もっともプレーの激しさが失われることはなく、カナリア諸島のチームが勝負を諦めなかったことで最後の瞬間まで試合がどう転ぶか分からない展開になった。決勝で最も得点を挙げたマドリードの選手はアヨン(15 ポイント)、キャロル(13) 、レジェス(12)だった。

アヨンが大会MVPに選ばれた

国王杯2016で平均ポイント13,7、リバウンド6,3、評価20,3とした グスタボ・アヨンがMVPに選ばれた。さらにルカ・ドンチッチが16歳11ヶ月で国王杯を制した最年少選手になり、大会の歴史に名を刻んだ。

現在の大会形式となってから3連覇を果たした最初のチームに

国王杯の歴代成績では、レアル・マドリードが最多優勝の26回を誇るチ—ムとなっている。さらに昨年9月のインターコンチネンタル杯に続く、今シーズン2つ目のタイトルとなった。今回のタイトル獲得の喜びは、フロレンティーノ・ペレスが優勝メンバーを祝福、主役たちを讃える言葉を贈ったロッカールームでのお祝いで見て取ることができる。翌日、チームはマドリディスタへ国王杯とインターコンチネンタルカップをお披露目するため、マドリード市役所とマドリード州庁への訪問を行った。

ラ・コルーニャではマドリディスタに別の喜びももたらされた。インファンティルAチームが、4大会連続となるミニカップ戦のチャンピオンとなった。決勝ではFiatcホベントゥートに102-50で勝利し、 ウスマン・ガルバがMVPに選ばれている。

Search