EmiratesAdidas
Atlético de Madrid - Real Madrid

4-0: カルデロンで失態

ギャラリーを見る

マッチレポート | 07/02/2015

レアル・マドリードはアトレティコの前に完敗も引き続き首位。
 
  • リーガ
  • 22節
  • 土, 07 2
ビセンテ・カルデロン
4
0
レアル・マドリードはビセンテ・カルデロンで何もかも上手くいかない失態を見せた。試合開始からダービーは難しいものに。20分を時計の針が指す前にチームは2失点と追い込まれる。1点目を決めたのはチアゴ。14分、マンジュキッチの落としたボールを叩き込み、18分にはシケイラの個人技からサウールのオーバーヘッドで得点を許した。

30分から前半終了まではボールを持つことが出来た。相手陣内でプレーをしたものの、2つのラインでコンパクトなブロックを形成するアトレティコの守備を破ることは出来ず、得点差を縮めることは出来ない。

後半開始、ケディラに代わりヘセをピッチに。より攻撃的な姿勢を見せ、ボールをキープするようになったが、67分、グリエスマンがサウールのヘディングの折り返しを押し込み3点目を決め、試合はほぼ決定づけられた。88分、マンジュキッチがヘディングで追加点。これまでにない敗戦だが、リーガで首位をキープし、リーガタイトルの獲得は自分達で決めることが出来る。
 
検索