1. Close
    リーガ 20節
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
     レアル・マドリード レアル・マドリード
    vs
     デポルティボ デポルティボ
    試合情報
    リーガ, 20節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    01/21/2018
    16:15
    チケット購入

    シェアfacebooktwittergoogle +

  2. Close
    ユーロリーグ 20節
    Live the match in WiZink センタ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    アナドル・エフェスアナドル・エフェス
    試合情報
    ユーロリーグ, 20節
    WiZink センタ
    01/25/2018
    20:45
    チケット購入

    シェアfacebooktwittergoogle +

    次へ

    ユーロリーグ20:45レアル・マドリードvsアナドル・エフェス

    前へ

チケット購入方法を選択

エイケン マイルズ エイケン

1966 · 1969
出生地
ニューヨーク(アメリカ)
生年月日
27/12/1941

「欧州で最も活躍したアメリカ人プレーヤーの一人」

その得点能力により欧州屈指のセンターとなった。身長は2メートルに満たなかったが、並外れたフットワークと優れたミドルショットを武器にした。レアル・マドリードには3シーズン在籍。リーガACBのタイトルを1度(1969年)手にしたほか、チームの欧州チャンピオンズカップ連覇(1967年、1968年)に大きく貢献した。
 
スペインへ渡った直後はアギラス・ビルバオでプレーし、リーグ得点王に輝く。レアル・マドリード加入後は欧州の舞台でも活躍。1967年の欧州チャンピオンズカップ決勝では23得点し、シンメンタール・ミランと戦ったチームに勝利をもたらした。翌1968年の決勝でも、スパルタク・ブルノから26得点してエル・ブランコを優勝に導いている。
 
チームメートだったクリフォード・ルイクによると、エイケンのフットワークとリバースピボットは「当時はこの辺りでなかなか見られるものではなかった」。同じく共にプレーしていたエミリアーノは、「同じ体格の選手と比べてフィジカルがはるかに強かった。素晴らしい個人スキルを備えた最高のプレーヤーだった」と述懐する。マドリード退団後はフィデス・ナポリでプレー。そこでも1970年に欧州カップウィナーズカップを獲得している。


獲得タイトル

欧州チャンピオンズカップ(1967、1968)
リーガACB(1969)

Buscar