1. Close
    リーガ11節
    Live the match inサンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    レガネスレガネス
    試合情報
    リーガ, 11節
      サンティアゴ・ベルナベウ
     10/30/2019
    21:15
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

  2. Close
    リーガ・エンデサ節 6
    Live the match inWiZink センター
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    バクシ・マンレサバクシ・マンレサ
    試合情報
    リーガ・エンデサ, 節 6
      WiZink センター
     10/27/2019
    12:30
    チケット購入

    シェアfacebooktwitter

    Siguiente

    リーガ・エンデサ12:30レアル・マドリードvsバクシ・マンレサ

    前へ
EmiratesAdidas

チケット購入方法を選択

サンティアゴ ベルナベウ

1943 · 1978
出生地
アルマンサ(アルバセーテ)
生年月日
08/06/1895

レアル・マドリードの歴史に大きな功績を残したサンティアゴ・ベルナベウは、1943年にクラブの会長に選ばれた。彼が就任してまず始めに手掛けたことは、新しいスタジアムの建設だった。そのスタジアムは1947年にオープンし、今日、彼の名が使われている。

サンティアゴ・ベルナベウは、誰よりもレアル・マドリードのことを熟知していた。なぜなら彼は15歳のときからクラブのメンバーで、選手として、トップチームのキャプテンにもなり、幹部に就き、監督だったことまであるからだ。彼は他のスポーツも推進し、バスケットボール部門の成長に貢献した。

タレントのある選手を見抜く目も持っており、彼の指揮の下、クラブはルイス・レゲイロからアルフレッド・ディ・ステファノまで、最高の選手たちを擁した。また人柄の良さを見分ける能力にも長け、素晴らしい選手であってもチームに悪影響を及ぼす可能性のある選手は避けていた。

UEFAチャンピオンズカップ(今日のUEFAチャンピオンズリーグ)の創造者の一人でもあり、彼の会長時代、レアル・マドリードはFIFAの創設に関わった世界で唯一のクラブである。サンティアゴ・ベルナベウは、信望が厚く、世界中から尊敬される存在だった。

アルゼンチンのワールドカップ開催中の1978年6月2日、サンティアゴ・ベルナベウはマドリードで生涯を閉じた。FIFAは3日の喪中期間を定め、哀悼の意を込め1分間の黙祷を捧げることを決定した。それは誰もが、偉大なサッカーの父として彼を重んじていたことのしるしといえるだろう。

サンティアゴ・ベルナベウの時代、レアル・マドリードは数々の権威あるタイトルを勝ち取った。UEFAチャンピオンズリーグ、インターコンチネンタルカップ、クラブワールドカップ、リーガ、スペイン・スーパーカップなど、その数は数え切れないほどである。


獲得タイトル

16 リーガ
6 チャンピオンズリーグ
6 スペインカップ
1 インターコンチネンタルカップ
2 ラテンカップ
2 スモール・ワールドカップ
検索