1902年に創設されたマドリード・フットボール・クラブは、旧闘牛場近くの広いフィールドに落ち着く。クリスティーナ女王の所有地だったこの敷地は、年間150ペセタでクラブに貸し出された。初期の公式戦を見るため、ファンはこのサッカー場に詰めかけることになる。隣接するレストラン、「ラ・タウリーナ」がその都度、ドレッシングルームと道具置き場と化した。パドロス兄弟所有のこの店で選手たちは着替え、ゴールポストなども保管された。
 
数年後、高まる人気に応えるため新しい舞台が必要となる。サッカーを愛する多くの観客を収容できるより大きな施設を求めて、次のフィールドはオドネル・スタジアムに決まった。このマドリード市内にある当時最新のサッカー場には、観客の乱入を防ぐため、選手と観客を隔てるフェンスが初めて登場。正面とバック、二つの階段席スタンドを備え、6000人が収容可能となった。

Buscar