1. ミラノでのチャンピオンズ2016優勝のお祝い
  2. リスボンでのチャンピオンズリーグ2014祝勝会
  3. マラケシュのクラブワールドカップ2014のセレブレーション

2011-2020

近年、レアル・マドリードはチャンピオンズリーグに2度優勝し、再び世界のサッカー界のトップシーンをリードしている。2014年にデシマ(10度目のCL制覇)とクラブワールドカップのタイトルを獲得し、2016年にはウンデシマ(11度目のCL制覇)を成し遂げた。ジネディーヌ・ジダンはレアル・マドリード監督としての初シーズンでこのCL優勝を達成し、クラブでの自身の伝説をさらに大きなものにした。そして監督2シーズン目ではレアル・マドリードにとって3度目のUEFAスーパーカップの他、クラブワールドカップとリーガに優勝した。

FacebookのTimelineでクラブの10年ごとの各シーズン詳細をチェック

新しい10年の最初の年、ジョゼ・モウリーニョ率いるレアル・マドリードには3つのタイトルがもたらされた。特筆すべきなのは2011−12シーズンのリーガで、史上最高となる勝ち点100、得点121という記録を作りタイトルを獲得。またバルセロナを破り国王杯とスペインスーパーカップを勝ち取った。

2013年6月、カルロ・アンチェロッティがレアル・マドリードに。イタリア人監督は4つのタイトルをもたらした。最初のタイトルは19度目の国王杯。バルセロナとの決勝を制し手にした。2014年5月24日、ロス・ブランコスはヨーロッパカップを再び獲得。アトレティコ・マドリードを相手に4対1と勝利。欧州10冠を達成した。ラモス、ベイル、マルセロ、クリスティアーノが勝利につながる得点を決めた。

アンチェロッティの2シーズン目には2つの成功を収めた。それはセビージャを下してのUEFAスーパーカップ、さらにサン・ロレンソを退け初となるクラブワールドカップという2つのタイトル獲得だった。こうしてレアル・マドリードは2014年に最多のタイトルを勝ち取った。2015年6月にはラファ・ベニテスがクラブに戻りチーム指揮を担当。2016年1月には選手時代に伝説となったジダンがトップチームの監督に就任した。初年にはミラノでのアトレティコ・マドリード戦でウンデシマを達成した。

ジダンの2シーズン目はタイトルで満ち溢れている。2016/17シーズンのリーガの他、3度目のUEFAスーパーカップと2度目のクラブワールドカップ(日本開催)に優勝している。

2011 - 2020
  1. 5回目の世界チャンピオン!

    鹿島アントラーズ戦の勝利により実績はクラブワールドカップ優勝2回、インターコンチネンタル杯優勝3回に拡大、ロス・ブランコスの伝説はさらに偉大なものになった

  2. 欧州のスーパーチャンピオンに!

    ラモスがロスタイムの93分に再びゴール、カルバハルが決勝点を決めて通算3回目となるUEFAスーパーカップ制覇を果たした

  3. 最後のPK

    ウンデシマを獲得した決勝はPK戦にもつれ込んだ。クリスティアーノ・ロナウドが5番目のキッカーを務め、レアル・マドリードに勝利をもたらした。

  4. 忘れられない瞬間

    ラモスがデシマを決めた決勝の93分に同点とし、世界中のマドリディスタは狂喜乱舞した。

  5. クラブワールドカップ2014

    レアル・マドリードがラモス、ベイルのゴールでサン・ロレンソ相手にワールドチャンピオンとなった。

  6. 国王杯2014チャンピオン

    レアル・マドリードはメスタージャでのディ・マリアとベイルのゴールでバルセロナに勝利した。

  7. 伝説の攻撃陣を完成させるベイル

    ウェールズ人選手はそのポテンシャル、スピード、テクニックをもたらすため2013年夏、レアル・マドリードに入団した。

  8. スペインのスーパーチャンピオン

    レアル・マドリードの選手たちがサンティアゴ・ベルナベウでFCバルセロナ相手に奪還したタイトルを祝福している。

Siguiente Anterior
獲得タイトル
チャンピオンズリーグ - 2

チャンピオンズリーグ

2
クラブ・ワールドカップ - 2

クラブ・ワールドカップ

2
UEFA・スーパーカップ - 2

UEFA・スーパーカップ

2
リーガ - 2

リーガ

2
スペイン スーパーカップ - 1

スペイン スーパーカップ

1
国王杯 - 2

国王杯

2
Siguiente Anterior
Buscar