LazoGanadores de Champions LeagueOtro

ベンゼマとアンチェロッティが UEFAの年間最優秀賞を受賞

ニュース. 25/08/2022

フォワードの選手は2021/22季最優秀選手賞を、イタリア人監督は最優秀監督賞を受け取った

カリム・ベンゼマとカルロ・アンチェロッティがイスタンブールで行われた2021/22季UEFA個人賞授与式の主役を務めた。我々のフォワードが年間最優秀賞を、我々の指揮官が年間最優秀監督賞をそれぞれ受け取った。レアル・マドリードのキャプテンはチームメイトのクルトワとケビン・デ・ブライネを凌ぎ、デシモクアルタリーガスペインスーパーカップを制し44得点をマークする忘れがたいシーズンを過ごした。そのうえ15点で昨季チャンピオンズリーグの得点王となり大会のシーズン最優秀選手に選ばれた。

ベンゼマ:「人々の力で試合を逆転することができた」
「チームメイト、監督、会長に感謝したい。我々の人々の力で僕らは試合で逆転することができた。チャンピオンズリーグの最高の1日はPSGとの第2戦で、ファンのサポートのおかげで僕らは逆転できた。アンチェロッティは世界最高の監督で、僕に大きな自信を与えてくれ、偉大なプロフェッショナル。彼が僕の監督なのを喜んでいる」。

「僕はとても幸せ。今回初めてこのトロフィーをもらうけど、僕にとって最も大事なのは自分のチームでタイトルを勝ち取ること」。

カルロ・アンチェロッティは我らのチームがデシモクアルタ、リーガスペインスーパーカップを制しUEFA年間最優秀監督賞に選ばれた。投票ではクロップ、グアルディオラを上回り、チャンピオンズリーグで4回優勝した最初の監督であり、またスペイン、ドイツ、フランス、イングランド、イタリアの5大リーグを制した唯一の監督となっている。

アンチェロッティ:「特にファンとの一体となり多くのチームの化学反応があった」
レアル・マドリードの監督はこう話した。「賞をいただきありがとうございます。また私にとって最初の先生であるアリーゴ・サッキに感謝したい。私の選手たち、私のクラブ、私のコーチ陣にありがとうと言わなければならない。同じく我々のファンにもサンティアゴ・ベルナベウでの偉大で複数の夜について感謝する。そしてレアル・マドリードへ戻る機会を与えてくれた私の会長にも。また自分の仕事をするためのスペースを与えてくれる家族全員にも同じようにしたい」。

「勝利するための魔法の方法はない。しかし私にはスポーツへの大きな情熱がある。第2に選手の質の高さに対してはしっかり練習しなければならない。昨季は特別なシーズンだった。なぜならとても良いメンバーがいて、ベテランと若手選手が良い形でミックスされていた。そしてそのコネクションがロッカールームでとても前向きな形としてあった」と指揮官は付け加えた。

これらの賞は、チャンピオンズ リーグ、UEFA ヨーロッパ リーグ、UEFA ヨーロッパ カンファレンスリーグ 2021/22 の最後のグループ ステージに参加したクラブと、ヨーロッパ・スポーツ・メディア(ESM)選定の記者グループで構成される審査員の投票によって選ばれた。ベンゼマのほか3位だったクルトワに加え、15位までに別のマドリディスタ2選手が入った。モドリッチは5位、ビニシウスJr.は9位だった。

検索