LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Acto de homenaje y despedida de Casemiro

カゼミーロ:「僕は全力を尽くし、ミッションはやり遂げられた」

ニュース. 22/08/2022

「これからもレアル・マドリードのゴールとタイトルを祝福し続ける。このクラブは世界最大のクラブだから勝利し続ける」とブラジル代表選手

シウダー・レアル・マドリードで行われた顕彰とお別れイベントのあと、カゼミーロが記者会見を行った。「感覚は大きな幸福感とやるべきことをやったというもの。2013年1月にサンパウロを去ったときに自分自身に言い聞かせてたのはこのクラブで全力を尽くすということで、そうなった。単にベルナベウやアウェー会場だけではなく練習場でも同じこと。僕は全力を尽くしてきて、それを言うだけの大きな幸福感があるから落ち着いて寝られる」。

「人生で重要な決定をする時というのはいつだって難しいもの。だけどチャンピオンズリーグ決勝のあと代理人と話をし、それはここでの自分のサイクルが終わったという感覚があるということだった。僕は会長やマドリディスタ、そして自分自身に対してすごく正直。代理人に言われたのはバケーションへ行き、1カ月後に再び話して同じ感覚があった。それがミッションだとすればやり遂げられたということ。僕がこのクラブでやった歴史というのは変わらない。やり遂げられた」。 
 
クロースとモドリッチ
「会長と話した時と同じ。トニが僕へ午前4時に送ったメッセージは僕が出て行くというのは本当かというもので、僕は寝てないのかと返事をした。一つのサイクルが終わり前進しなければならない。今はマンチェスターのことを考えなければならない。僕はこれからもマドリードのゴールとタイトルを祝福し続ける。このクラブは世界最大のクラブだから勝利し続ける。彼ら2人は僕の友人で僕のことを助けてくれた。彼ら2人とプレーするのは簡単で、僕らは素晴らしい夜を過ごして来た」。
 
マンチェスター・ユナイテッド
「新たな挑戦と目標を探している。違うリーグと文化を試す。マンチェスター・ユナイテッドで試さなければならず、日々チームを助けるため違う選手として行く。僕はあらゆる希望とともに行く。僕にってとても重要な決定で、妻に感謝したい。大きな変化になるのは分かっているけど、家族はいつも僕の決定を後押ししてくれて来た。プレミアリーグは僕の好きな大会で、試してみたかった」。
 
特別な瞬間
「この間のアンチェロッティの言葉、主にバミューダトライアングルについて言ったものはとても素敵だった。僕はそれを人生を通じて覚えておく。このユニホームを着ることができた恵まれた数少ない選手の一人なのだから幸せな感覚があるけど、昨季のチャンピオンズリーグは魅惑的だった。僕は昨年の信じられないほどの魅惑的な夜を胸に留めておく」。

経済的な問題
「そう思う人は僕のことを知らない。お金のためなら4、5年前にここを出て行っていただろう。クラブは常に僕に対してとても良い振る舞いをしてくれた。これは僕の決定であり、僕のサイクルの問題。そう考える人たちは間違っている」。

検索