LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Real Madrid - Eintracht Frankfurt

アンチェロッティ:「我々は真摯でモチベーションが高く、勝ち続けたいという意欲があるチームだ」

ニュース. 10/08/2022. Rodrigo Salamanca. 写真: Antonio Villalba/Víctor Carretero

「ロッカールームは健全であり、バランスがうまく取れているので選手たちを指導するのは楽しい」と指揮官は語った。

UEFAスーパーカップのアイントラハト・フランクフルト戦に勝利したカルロ・アンチェロッティ監督が、ヘルシンキのオリンピックスタジアムでの記者会見に出席した。「この試合で我々は、自分たちが真摯でモチベーションが高く、勝ち続けたいという意欲があるチームだなんて言う必要などないし、予想よりも難しい試合だった。前半はライン間でボールを求めた。一方、アラバの先制点後、我々はゲームをうまくコントロールし、リスクを冒さなかった。またDF陣が堅固さを維持しており、ここ3度の決勝全てを無失点に抑えている。それは非常にポジティブな兆候だ」
 
「ロッカールームは健全であり、バランスがうまく取れているので選手たちを指導するのは楽しいよ。試合はとても良いものになっているし、勝利がロッカールームを健全にするのに役立っている。何よりそれは選手たちのインテリジェンスによるものだ」
 
昨シーズンからの改善点
「1年前は誰もこのようなチームを見れると確信していなかった。昨シーズン、チームは大きく成長し向上したが改善の余地もある。我々は多くのステップを踏み出している」
 
ベンゼマ
「誰もカリムに疑問など持っていないし、我々にとって彼は最も重要かつ効果的な選手だ。チャンピオンズリーグでも重要な役割を果たしてくれた。決勝ではゴールできなかったが、彼の数々の得点は我々が決勝に進出するのに重要なものだったし、シティ戦、チェルシー戦、PSG戦で3点を挙げていた。彼は間違いなく我々にとって最高の選手だよ」
 
ローテーション
「今シーズンはもう少しローテーションを増やすつもりだ」
 
先制点のプレー
「先制点はファーポストでのリバウンドだった。彼らはそれが弱かったので、ファーポストにボールを入れるプレーをやった。重要なのはカゼミーロがあそこにいたことであり、あれは戦術によるものだった」

アラバはプレースタイルを変えており、より多くの経験や戦術的能力を備え、守備のポジショニングに優れている守備のリーダーだ。ディフェンスラインをうまく動かすことができる。その点については私がバイエルン・ミュンヘンにいたと時と比べると、かなり改善されている」
 
コーチングスタッフ
「仕事は私一人ではできない。フィジカル面、医療面、戦略面の助けが必要だ。私は皆を信頼しているし、責任を与えることが好きだ。我々はとてもうまくやっているし、ロッカールームには健全な雰囲気が漂っている」
 
カゼミーロ のMVP
「カゼミーロは動揺などしていないし、私はチュアメニが来ることに対して彼に考えを聞いてもいない。彼が守備のトランジションを警戒していたので、試合はあまり難しくならなかったし、彼がMVPを与えられたことに同意するよ。素晴らしい選手であるチャアメニがやって来たが、彼はカゼミーロから多くを学ぶことになるはずだ」
 
準備
「おかしなシーズンになりそうだが、選手たちは集中しているし、ワールドカップに参加する選手は準備のために全力を尽くすだろう。ワールドカップ前はあまり問題はないと思う。その後、我々は選手たちの疲れを見る必要がある。いつもはワールドカップが終わった後、休暇に入るが今回は違う」
 
カゼミーロ、ミリトンと一緒に座ってのお祝い
「疲れていたし、立ち仕事による膝の問題があった。そのため私は彼らと座って話し、試合について冗談を言い合っていた。ミリトンはととてもいい試合をやってくれた」

検索