アンチェロッティ:「6タイトルを賭けた戦いがあり、我々は全てへ向けて争って行く」

「アイントラハトは我々を難しさをもたらすことになるが、私の選手たちは準備ができた状態で試合を迎える」とUEFA公式メディアに話した
カルロ・アンチェロッティ監督がUEFA公式メディアのインタビューを受けた。レアル・マドリードの指揮官はシーズン最初の公式戦となるUEFAスーパーカップ決勝のアイントラハト・フランクフルト戦について話した。「私の選手たちはとてもプロフェッショナルで、準備ができた状態で臨むことになると思う。シーズン最初の試合でもう一つのトロフィーを持って帰ることが可能で、6タイトルを賭けた戦いがあり、我々は全てへ向けて争って行く」。

「私はとても誇らしい。私個人レベル、そしてレアル・マドリードにとって並外れたシーズンだった。だからこのクラブへの復帰は私に大きな満足感をもたらした。我々は今もデシモクアルタ(14回目の欧州制覇)のことを覚えている。それはとても新鮮な思い出。またファンと特にスタジアムで非常に特別な化学反応を作り出した。我々が成し遂げた全ての逆転勝利は自分たちのスタジアムでのことで、スタンドからの後押しのおかげ。我々はビックチームを下して来たが、それはプレーの質の他にグループにある偉大なつながりのおかげ」。

チーム成功の秘訣
「カギになったのはベテラン選手たちの謙虚さと経験、それに若手選手たちのエネルギーと熱狂。世代は違うがレアル・マドリードのためにプレーするという共通の目標がある。多くの成功をこれまでに手にしていながら謙虚さを維持しているこのレベルの選手たちを抱える時、やりくりするのはとても簡単。チャンピオンズリーグを勝ち取った時の満足感はそこにとどまる。自分の位置を誰かが手にすることを望まず、それがその後も勝ち続けるようにやって行く大きなモチベーションになる」。
戦力補強
「リュディガーとチュアメニはプレーの質をもたらす選手たち。我々はそれぞれの役割の中で世界最高の2選手を連れて来たと思う。だからまずチームのプレーの質、フィジカル能力、テクニックが向上する」。

対戦相手
「スーパーカップ決勝に相応しいカード。昨季アイントラハトは並外れたことをした。有力候補ではなかったが、素晴らしい試合をいくつかした。バルセロナとの対戦では守備で素晴らしい集中力を伴い、攻守交代が素晴らしく速いカウンターサッカーを見せカンプ・ノウで勝利した。我々に難しさをもたらすチームになるのは間違いない。アイントラハトが成し遂げた形でヨーロッパリーグを制したのを見るのは素敵なことだった」。