LazoGanadores de Champions LeagueOtro

レアル・マドリードとBMWスペイン、未来のモビリティ、サステナビリティ、多様性のための提携

ニュース. 13/07/2022

フロレンティーノ・ペレス会長とマヌエル・テローバCEOがシウダー・レアル・マドリードで提携にサインした

レアル・マドリードBMWスペインが未来のモビリティ、サステナビリティ、多様性の分野でのイニシアティブを展開するための提携で合意した。同イベントはシウダー・レアル・マドリードの役員室で行われ、フロレンティーノ・ペレス会長とBMWグループのスペイン・ポルトガル担当のマヌエル・テローバCEOが議長を務めた。この提携は両機関の価値観と将来への展望の一致を示すものである。

レアル・マドリードの男女サッカーのトップチーム、バスケットボールチーム、それぞれのコーチングスタッフは移動手段としてBMWの100%電気自動車を使用する(現行モデルのiX、i4、iX3、i7、iX1から選択可能になっている)。両機関はサステナビリティのためのコラボレーションセンターを設立し、クラブの他の協賛者との定期的なワーキングセッションを通じてグッドプラクティスを共有することで、共通の学びを得ることができる。またこのフォーラムは、環境や社会に良い影響を与える革新的なプロジェクトを促進するためのアイデアを生み出す場としても活用されることになる。

ビデオ.レアル・マドリードとBMWスペイン、未来のモビリティ、サステナビリティ、多様性のための提携

BMWグループ・スペインのマヌエル・テローバCEOは次のように語った。「レアル・マドリードは世界有数のスポーツ機関というだけでなく、常に進化を続ける機関であり、要求、才能、クオリティ、リーダーシップを通じてその活動において卓越性を追求し、さらにサステナビリティ、連帯、多様性および勝利の精神に対する確固たるコミットメントを示しています。そのため現在と未来の課題に立ち向かうための最適なパートナーになります。2022年にはBMWグループが最初のBMWの電気自動車を発表してから50周年を迎えるため、両機関はこれらの価値観、特に環境の尊重のために協力し、長い時間をかけてサステナブルなモビリティへのコミットメントを実現します」

この提携のもうひとつの目的は新サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムのサステナブルな発展に貢献する具体的な取り組みに着手することである。また、NEXTサステナブルトロフィーを創設し、環境改善に貢献する全ての取り組みを可視化するため、参加者のイノベーションとサステナビリティに関するプロジェクトを表彰する。

検索