EmiratesAdidas

ニュース. 06/03/2022

1902年3月6日、欧州大会で23回の優勝を誇ることになるクラブ、レアル・マドリードが創立された

レアル・マドリードが120歳を迎える。世界最高クラブの伝説は1902年3月6日、マドリード・フットボールクラブ最初の役員会が正式に開催された時に始まった。120年を経て、レアル・マドリードは世界的な象徴となり、欧州での23の優勝カップ獲得サッカー13回、バスケットボール10回)はスポーツ史の偉業になっている。

FIFAが20世紀最高クラブに選んだレアル・マドリードの経歴は、チャンピオンズリーグ13回のほか、クラブワールドカップ7回、UEFAスーパーカップ4回、UEFA杯2回、リーガ35回、国王杯19回、スペインスーパーカップ12回( 最新の同タイトル獲得は今年1月)、リーガカップ1回、ラティーナ杯2回、スモールワールドカップ2回となっている。これらの優勝トロフィーのうちの多くは、クラブ名誉会長で、チャンピオンズリーグ優勝6回を果たした唯一の選手、世界サッカー界の伝説で2022年1月18日に亡くなったヘントが勝ち取ったものになっている。

ビデオ.伝説の120年

女子サッカーとバスケットボール
2020年からは女子サッカーとそのカンテラもクラブの歴史の一部となり、バスケットボール部門は我々の伝説をより大きなものとしている。経歴としてはユーロリーグ10回、リーガ35回、国王杯28回、スペインスーパーカップ8回、インターコンチネンタル杯4回、クラブワールドカップ1回、欧州レコパ杯4回、コラック杯1回、ULEB杯1回、ラティーナ杯1回のタイトル実績がある。
 
21世紀のアイコン、サンティアゴ・ベルナベウ
マドリディスモの誇りの一つになっているのが、スポーツの象徴であり続け偉大なる前衛的で普遍のアイコンになるため改修過程にあるサンティアゴ・ベルナベウ。さらにシウダー・レアル・マドリードは世界最高のクラブ総合練習場で、オープンから16年が経過した現在も発展が続いている。最後にクラブはレアル・マドリード・ファンデーションを通して何百もの社会貢献と文化的なプロジェクトに参加している。

検索