LazoGanadores de Champions LeagueOtro

レビュー. 03/02/2022. Alberto Navarro. 写真: Antonio Villalba

非常に拮抗したフィジカル的な試合の中、89分のベレンゲルのゴールがアスレティックに準々決勝の切符をもたらせた

レアル・マドリードがサン・マメスで国王杯から敗退した。アンチェロッティ監督率いるチームは80分に決定的チャンスを得るも、カゼミーロがアギレサバとの1対1でシュートをセーブされた。その9分後、非常に拮抗したフィジカル的な要素の強い試合の中、ベレンゲルがアスレティックに準々決勝進出の切符をもたらせた。我がチームは最後まで勝利を目指し、94分に延長戦に持ち込むチャンスを作るが、イスコのペナルティエリア内からの対角線状のシュートはわずかに枠を捉えられなかった。

前半は非常にテンポよくプレーされ、交互にボールを支配する展開となったが、ほとんど決定機は生まれなかった。最初のチャンスがホームチームに訪れたが、ダニ・ガルシアのロングシュートはクルトワにファインセーブされた。ロス・ブランコスは27分に反撃し、左サイドに流れたロドリゴがパスを受け、中に切り込んでペナルティエリア内からシュートを打つが、ボールはアギレサバラの手の中の収まった。

ビデオ.1-0:国王杯敗退

ハーフタイム後もシナリオが変わらなかった。時間が経過し、我がチームが素晴らしい守備を見せた中、アンチェロッティ監督ビニシウスJrに代えてイスコを入れ、その15分後にクロースを下げてカマビンガを投入した。そして80分、マドリードが勝ち抜きを決めるこの試合最大の決定機を作った。しかし、アセンシオの華麗なヒールパスが起点となるも、カゼミーロがGKとの1対1を制すことができなかった。試合がそのまま延長戦に突入すると思われた中、ベレンゲルが89分に左足の対角線状のシュートを決め、アスレティックに準決勝進出の切符をもたらせた。アディショナルタイムにイスコが延長戦に持ち込みチャンスを得るも、ペナルティエリア内からのボレーシュートはわずかに枠を外れていった。

試合日程

年表

審判

ヒル・マンサーノ(エストレマドゥーラ州協会)、副審:プリエト・ロペス・デ・セライン、マルティネス・ニコラス、第4審判:ルイス・アルバレス、VAR:ゴンサレス・ゴンサレス(カスティージャ・イ・レオン州協会)

検索