EmiratesAdidas

ヘント、永遠に

2022年1月18日、チャンピオンズリーグに6回優勝した唯一の選手が死去した

スペシャル

世界のサッカー界のレジェンドはレアル・マドリードで18シーズンプレーし、2016年から同クラブの名誉会長を務めた

2022年1月18日に88歳でフランシスコ・ヘントは死去した。世界のサッカー界のレジェンド、そしてレアル・マドリード史上の重要な人物であり、我がクラブで1953年から1971年までの18シーズンプレーし、6度のチャンピオンズリーグに優勝した世界で唯一の選手である。さらにリーガ12回、インターコンチネンタル杯1回、ラティーナ杯2回、スペイン杯2回、スモールワールドカップ1回と、比類なきキャリアを誇っている。

2016年からクラブの名誉会長を務めたヘントは我がチームで公式戦600試合に出場し182ゴールを記録した。当時、世界最高の左ウイングとして名を馳せ、レアル・マドリードでのキャリアを通じて、最初のチャンピオンズリーグ(当時の呼称はヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ)5回とイェイェ・レアル・マドリードで伝説的なチームをつなぐ存在となった。コパ、リアル、ディ・ステファノ、プスカシュとともに時代を代表する攻撃陣を構成した。

ビデオ.ヘント、唯一のチャンピオンズリーグ6回優勝を果たした選手

ヘントの死後、多くの愛情表現があり、フロレンティーノ・ペレス会長は「伝説の選手たちのジェネレーションのひとりとなり、世界で最も名誉あるクラブとなり尊敬されるレアル・マドリードの歴史を変えるまでになりました」と語った。チームは練習前にシウダー・レアル・マドリードで1分間の黙祷を捧げ、キャプテンのマルセロは「ヘントはサッカー界の生き字引でありレジェンドだ。僕たちは決して彼の忘れないだろう」と述べていた。

ヘントへの認知度は世界的なものだった。レアル・マドリードのファン、様々な著名人やクラブ、スポーツ選手が次々と哀悼のメッセージを寄せていた。その中にはフェリペ6世国王とレティシア王妃も含まれており、「世界のサッカー界を代表する伝説的な人物として記憶されるだろう」と述べていた。
 

フロレンティーノ・ペレス:「ヘント氏は我々の偉大な伝説のひとりであり、誰もが彼のことを記憶していくことでしょう」

サンティアゴ・ベルナベウのロイヤルボックスに、ヘントの遺骨を収めた葬儀用の礼拝堂が設けられた。そこに名誉会長の家族の同行し、レアル・マドリードの会長を筆頭としたのクラブ代表者、多数の著名人、様々な機関の代表者、数百人のサポーターが駆けつけた。感動の喝采を受けながら、ヘントの棺はグアルニーソ(カンタブリア)に向かうためスタジアムを後にした。ヘントの故郷はクラブと世界のサッカー界で最も偉大な伝説のひとりとの最後の別れを告げ、ヘントのホームスタジアムであるサンティアゴ・ベルナベウでエルチェ戦前に感動的な追悼セレモニーを実施した。

フォトギャラリー

  • チャンピオンズカップ6度の優勝を果たした唯一の選手

  • サンティアゴ・ベルナベウでパコ・ヘントへの感動的な追悼セレモニー実施

  • サンティアゴ・ベルナベウに設置されたパコ・ヘントの葬儀用の礼拝堂

  • ヘントに最後の別れ

検索