EmiratesAdidas

フロレンティーノ・ペレス会長:「レアル・マドリードの一員であることは名誉であり誇りです。このクラブはヨーロッパカップを合計で23回獲得しています」

ニュース. 20/11/2021

「 サンティアゴ・ベルナベウの改修はレアル・マドリードの歴史のターニングポイントになる」と会長が2021年のクラブ会員代表者の通常総会の冒頭のスピーチで宣言した

フロレンティーノ・ペレス会長シウダー・レアル・マドリードにあるバスケットボールの体育館で、直接参加およびオンラインで2021年のクラブ会員代表者の通常総会を開催した。レアル・マドリード会長はまず、新型コロナウイルスによって大切な人を失った全ての人々に思いを馳せることから開始した。「我々はその病気に打ち勝つために戦う全ての人々に、我々の愛情と全ての力を伝えます。そして今日、我々はその期間に我々から去っていった方々を偲びます。その中には、パチン、ルイス・デル・ソル、カルペ、ペドロ・カサド、アントニオ・ヘント、フスト・テハダ、アントニオ・ガウシ、ウィルソン・ジョーンズ、アルセニオ・ロペ、ホセ・アントニオ・ムニョスといったサッカーやバスケットボールの選手たちがいました。また、ホセ・マリア・パス・カサニェやエミリオ・ブトラゲーニョ・ベナベンテなどの偉大なマドリディスタもいました」

「我々はレアル・マドリードやサッカー界全体にとって決定的な瞬間に直面していますし、私は目の前にある大きな課題を認識しながら、この新たな任務を大きな責任を持って引き受けます。パンデミックは全てを変えました。その結果は壊滅的であり続けていますが、会員の団結力が我々の最大の強みであり、そのおかげで組織的にしっかりとした安定性が得られ、今のように世界で最も愛され、称賛されるクラブになることができました」

スポーツプロジェクト
「私はこの機会に、それら全ての成功の鍵となり、常にマドリディズモの中心であり続ける3人の人物の功績を称えたいと思います。 一人目はこのクラブの偉大なレジェンドのひとりであるジネディーヌ・ジダンです。レアル・マドリードの監督としてチャンピオンズリーグ3連覇を含む11タイトルを獲得しました。彼はレアル・マドリードの価値観を忠実に体現し、マドリディズモと世界のサッカー界の伝説となっています」

「次は我々の永遠のキャプテン、セルヒオ・ラモス。彼は史上最高のDFであり、リスボンでのデシマ(10回目の欧州制覇)の男です。チャンピオンズリーグ4回の優勝を含む22タイトルを獲得しました。彼は永遠に我々の偉大なエンブレムのひとつであり続けますし、我がクラブの価値観の模範となるでしょう。彼はレアル・マドリードおよび世界のサッカー界の伝説です」
 
「そしてラファエル・バランです。彼もまたまだ少年だった頃に入団しました。ここはチャンピオンズリーグ4回の優勝を含む18タイトルを獲得した10シーズンもの間、彼の自宅になっていました。 彼は間違いなく忘れがたい痕跡を残し、全てのマドリディスモの愛情と称賛を勝ち取っています」
 
「我々はチームに新たな刺激を与えるための更新過程において適切な措置を取り続け、世界で最も優れたDFのひとりを迎え入れました。 ダビド・アラバチャンピオンズリーグ2回の優勝を含むあらゆるものを勝ち取った友好的なクラブであるバイエルン・ミュンヘンからやって来ました。またサッカー界で最も有望な若手選手のひとりであり、ヨーロッパの強豪クラブが欲しがっていたエドゥアルド・カマビンガも加入しています」

レアル・マドリードのトップチームをデシマを達成した監督であるカルロ・アンチェロッティという世界最高峰の監督のひとりが再び率いています。彼はその経験と実績により、サッカー界全体から尊敬と称賛を得ており、マドリディスモは彼に非常に特別な愛情を感じています」

カンテラ
「我がクラブの本質であり、レアル・マドリードの価値観が教えられる場所です。それは我々のアイデンティティを構築し、我々を代表する価値観を発信し続けるための基盤となるものです。私たちには世界最高のカンテラがあります」

女子サッカー
レアル・マドリード・フェメニーナはその歴史の最初の1年を終えました。そして世界の女子サッカーの拡大に貢献できることを誇りに思っています。最初の今シーズン、チームはリーガで2位となり、女子チャンピオンズリーグの予備予選に参加できる順位を確保しました」

バスケットボール
「ようやくファンはWiZinkセンターに戻り、ここ10年間でユーロリーグ2回の優勝を含む21タイトルを獲得して歴史的な勝利のサイクルを過ごし、全てのマドリディスタを興奮させてきたチームを楽しむことができるようになりました。近年、スーパーカップを連覇していることで、この9年間で7回の優勝を果たしています。そしてその成功のサイクルの中に、すでにヨーロッパのバスケットボール界のレジェンドになっている人物がいます。 パブロ・ラソレアル・マドリード史上、797試合、616勝と最も多くの試合数と勝利数を誇る監督となっています」

新しいサンティアゴ・ベルナベウ
レアル・マドリードは大きな挑戦のひとつの臨んできます。我々は不可能に思えた夢を実現しているところです。サンティアゴ・ベルナベウの改修は、将来の成長と成功を成し遂げるために不可欠な推進力になります。それはレアル・マドリードの歴史のターニングポイントとなるでしょう。建築のアイコンであり国際的なアバンギャルドのシンボルであるこのスタジアムは、マドリードやヨーロッパで最も魅力的な場所のひとつとなり、唯一無二の体験を1年中楽しむことができます」

ビデオ.2021年の通常総会の機関映像

レアル・マドリード・ファンデーションの活動
「現在、世界中で行われている650のプロジェクトでは、子供たちを中心に65,000人以上の人々が恩恵を受けています。そしてファンデーションは設立以降、我々のエンブレムが希望と熱意の大きな推進力を表し150万以上の人々を支援してきました。今は連帯する時であり、レアル・マドリードは我々を最も必要としている人々の側にいつも一緒にいるつもりです」

スーパーリーグ
欧州スーパーリーグは単なる新しい大会ではなく、より多くのものがあります。もし我々が何もしなければ、サッカーは少しずつ衰退していくので、サッカーの現在の流れを変えようとしています。また国内リーグへのリスペクトもあります。情報を撹乱しようという試みがたくさんありましたが、スーパーリーグが国内リーグを十分にリスペクトして考案されたものであることを否定することはできません。実際、創設クラブが交わした全ての契約には、スーパーリーグは各クラブの国内大会への参加と両立する形でのみ発展させると明記されています」

「世界で最も重要な12クラブが欧州スーパーリーグ・プロジェクトを発表し、そのためにマドリードに拠点を置く会社も設立しました。その会社は私が述べている、自由、自己管理、ファイナンシャルフェアプレー、優れたガバナンスと透明性、連帯、競争力、国内大会とファンへのリスペクト、スポーツの王としてのサッカーの推進という、本質的な目的を追求しています」

「我々の最初の声明で明らかにしたように、UEFAとの最初の対話で試みたにもかかわらず、周知のとおりUEFAがスーパーリーグを発表しただけで猛烈な反応を示したことは、このプロジェクトが極めて重要であること、そして我々の運命を管理する自由と能力を取り戻すために避けることができない必要性を確認するものになりました。UEFAはスーパーリーグとの対話を拒否すると同時に現実ではない話を世界に発信しました。ファンの皆さんには、我々創設クラブが国内大会からの脱退を希望していると知らされたのです」

「UEFAによるあらゆるレベルでの圧力と脅迫が極限に達した結果、破ることが不可能な拘束力のあるコミットメントがあったにもかかわらず、12クラブ中9クラブがスーパーリーグ・プロジェクトからの撤退を公式に表明しました。しかしそれらの脅しや圧力はチャンピオンズリーグに合計で20回優勝している歴史ある3クラブには全く影響を与えませんでした。 そのうち2つは会員が100%所有しているレアル・マドリードとバルセロナであり、もう1つのユベントスは100年前から同じファミリーが所有しています」

「UEFAにはおそらく、レアル・マドリードが何者かを思い出させる必要があるでしょう。レアル・マドリードは歴史上最も成功したクラブであり、1902年の創設以来、長年に渡って必要な全ての革新に参加し、サッカーの伝統が危機に瀕した時にはそれを注意深く見守ってきました。1904年に世界7カ国の連盟とともにFIFAを設立した世界で唯一のクラブです。また1955年にはレキップ紙とともにチャンピオンズカップの創設を推進しました」

「そしてさらに重要なことは、スペインの裁判所がその件をルクセンブルグの欧州司法裁判所に持ち込んだことです。欧州司法裁判所はヨーロッパサッカーにおけるUEFAの独占について、EU全体に対する拘束力のある判決を下さなければなりませんが、UEFAはスイスの民間団体ではあるもののEU領域で運営されているため、その判決に従う義務があります」

CVC
「国際ニュースが欧州スーパーリーグに注目されているとすれば、国内レベルではLFP(スペインプロリーグ機構)がCVCと提案している取引がありますが、それは各クラブにとって経済的に全く意味のない取引です(※CVCやその他の関係者にとっては非常に有益)」
 
「率直に言って、ラ・リーガが今後50年間のテレビ放映権の11%以上をレアル・マドリードの会員から奪い、投資ファンドに提供するつもりであったことをメディアから知ることになるとは想像もしていませんでした。しかもその権利はラ・リーガのものではなく、クラブが直接所有するものです。ラ・リーガは単なるマーケティングの担当者であり、法令5/2015号に定められた非常に明確な規則に従う必要があります」

レアル・マドリードはその取引の全ての側面を詳細に分析し、適用される規則に違反していると考えられる場合には、全ての関係者に対してそれに応じた行動をとり、適切な手順を踏み、司法裁判所でクラブの利益を護ります。そしてまた、スペインの競争当局が設定した基準を超える条件で放映権を販売しようとすることにラ・リーガが力を入れ続けた場合、我々は行動を起こします」

普遍的かつ協力的
レアル・マドリードの一員であることは名誉であり誇りです。またその責任は重大です。なぜならこのクラブはサッカーで13回、バスケットボールで10回とヨーロッパカップを合計で23回獲得していますからね。私たちは出身地、国籍、言語、宗教、イデオロギー、民族を問わず、世界中の何百万人もの人々と私たちを結びつける価値観を伝えられています。レアル・マドリードは普遍的かつ協力的です」
 
「クラブのオーナーである会員は我々の運命の道筋を描いている人たちです。そして今、我々は再び非常に大きな課題に直面しています。 サッカーは刷新と大きな変化の時を求めています。そしてレアル・マドリードはその変化の先頭に立つでしょう。なぜなら歴史やファンが我々にそれを求めるからです。 現在は我々にとっても世界中のどのクラブにとっても決して簡単ではありません。しかし近年の経営により、我々は希望を持って未来に立ち向かうことができるようになりました」
 
「我々はサンティアゴ・ベルナベウの改築という夢の最終段階に直面しています。 我々は再び未来を征服する準備をしていますし、再び勝利するために自分自身を刷新しています。再び期待に胸を膨らませ、勇気を持っ向き合い、これまで以上に団結する時です。 レアル・マドリードは世界一のクラブです。そのエンブレムとユニフォームを身につけ、我々は決して諦めることはありません」

検索