EmiratesAdidas
Betis - Real Madrid

アンチェロッティ:「後半はインテンシティが高くいいパフォーマンスだった」

ニュース | 28/08/2021

「ベンゼマはいつも通り違いを生み出した」と指揮官は語った
カルロ・アンチェロッティ監督がベニート・ビジャマリンで行われた記者会見に出席し、レアル・マドリードが勝利したベティス戦を分析した。「我々は試合をかなりうまくコントロールしたが、前半、守備でのインテンシティを欠いていた。一方、後半はプレスでより多くボールを奪い、インテンシティが高くいいパフォーマンスだった」

「我々は前半、試合をコントロールしたが、もっとインテンシティの高いプレーができたと思う。今日、我々は改善しなければならないことがたくさんあるが、評価はポジティブなものだ。我々は選手の合流が遅れたため特異なプレシーズンを送ったが、私は大いに満足している。チームは序盤、かなり垂直にプレーしたが、我々は守備面でもっとインテンシティを高める必要があった」

ベンゼマ
「試合は後半に比べ前半の方が拮抗していた。ベンゼマは何度も後ろに下がらざるを得なくなっていたので苦しんだが、いつも通り違いを生み出した。カルバハルのゴールを素晴らしい形でアシストし、我々は試合に勝つことができた」

代表ウィークによるリーガ中断期間
「代表戦がいつもあるが、選手たちはその期間、土曜日の朝に到着して午後に試合に出場するのは不可能だと思う。それは我々だけでなく多くの人たちにとっての問題なので、改善されることを願っている。我々にはベストのチームで臨む時間がない」

アラバ
「私はサイドバックよりもCBとしてプレーする可能性が高いと思っている」

エムバペ
「試合について話す方が良いだろう。なぜなら他のことはクラブが取り組んでいる問題だからね。私は今のところ詳しいことを知らないんだ」
検索