EmiratesAdidas
Real Madrid

公式声明:スーパーリーグに関して

30/07/2021

FCバルセロナ、ユベントス、レアル・マドリードCFは、本日裁判所からUEFAに対して出された、欧州スーパーリーグの創立クラブに対する全ての行動に対する即座の取り消し命令について満足している旨を表明します。UEFAによる懲戒処分の対象とならないための条件として、前述の3つのクラブに公開されている懲戒ファイルの最終的な提出を含み、残りの9つの創設クラブに課された罰金およびその他の制限を無効とするものです。

この点で裁判所は改めて欧州スーパーリーグ創立者側の立場を支持しており、UEFAが提起した上訴を却下し、この決議に従わないと経済的、刑事的な責任につながる可能性があるという警告を示しています。この一件はルクセンブルクの欧州連合司法裁判所によって分析され、UEFAが欧州サッカーに対して保持している独占的立場を検討することになります。

我々はサッカーが直面している課題に取り組む義務があります。 UEFAは、ヨーロッパのサッカー大会の規制当局、運営者、個人事業主およびマネージャーの地位を独占的に主張しています。 この独占的立場は一方に利益を与え他方対しに不利益をもたらす恐れがあり、サッカーとその競争力のバランスに深刻な打撃を与えます。 これまで何度も示されているように財務管理は不十分であり、客観的な適用がなされていません。 ヨーロッパの大会に参加しているクラブは自分たちの大会を統括する権利があります。

今後UEFAからの絶え間ない脅威にさらされることはありません。 我々はファン、選手、コーチ、クラブ、リーグ、国内および国際的な協会や連盟を考慮に入れ、建設的かつ支援的な方法で欧州スーパーリーグのプロジェクトを推進するという目的に引き続き取り組んでいます。 我々は自分たちの提案を検討しますが、当然ながら同時に対話とコンセンサスを通じて改善しなければならない必要があると認識しています。 我々は常に欧州連合(EU)の規制を尊重するプロジェクトの成功を信頼し続けます。
検索