EmiratesAdidas
Granada - Real Madrid

グラナダ vs レアル・マドリード:リーガの行方を賭けた最終3試合の初戦

動画を見る

ニュース | 13/05/2021

チームはタイトル争いを続けるためヌエボ・ロス・カルメネスで勝ち点3の獲得を狙う(スペイン時間:22時、日本時間:翌日5時)
全てを賭ける状況で、レアル・マドリードが国内リーグ36節のグラナダ戦を戦うため今夜ヌエボ・ロス・カルメネス・スタジアムを訪れる(スペイン時間:22時、日本時間:翌日5時)。リーガタイトルを狙う最終3試合のうちの最初の試合であり、戦いを続けるためには勝ち点3の積み重ねが必要になる。続けていくべきは日曜日のセビージャ戦と同じで、諦めず最後まで戦う取り組みの姿勢になる。

目標はグラナダでハードな1週間を勝利でスタートすること。なぜならマドリードは3日後にサン・マメスでアスレティック戦を控えているから。チームのリーガでの戦いぶりは15戦無敗で、グラナダとの戦績は最近11戦で勝利、うち5戦はアウェーとなっている。

ベンゼマはグラナダとの最近11試合のうち10戦で得点

「今回のリーガを勝ち取るため我々は全力を尽くす」とジダン監督は試合前の記者会見で話した。指揮官はラモス、バラン、カルバハル、ルーカス、マルセロ、メンディを戦力として計算できない。一方招集メンバーに入っているのがアザール。ベルギー代表選手はセビージャ戦では得点を挙げ、昨季奇しくもグラナダ戦でレアル・マドリードの選手として初得点を挙げている。

上々のシーズン
マドリードの対戦相手は現在勝ち点45で10位。グラナダはヨーロッパリーグで準々決勝に進出するという上々のシーズンを送っているが、リーガでは最近4試合で3敗している。ディエゴ・マルティネス監督率いるチームの得点源はソルダード(9点)、ホルヘ・モリーナ(5点)、ダーウィン・マチス、ルイス・スアレス(以上、各4点)となっている。

検索