EmiratesAdidas
Japón inaugura una nueva sede en la escuela de fútbol de la Fundación

日本のレアル・マドリード・ファンデーション・フットボール・スクールが晴海校を開校

ニュース | 09/04/2021

グローバル・フットボール・マネジメントとNTTの支援とともに、東京の子供たち約500名が参加している
グローバル・フットボール・マネジメントが運営する日本のレアル・マドリード・ファンデーション・フットボール・スクールが新たに晴海校を開校した。サッカー場は今年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックの選手村に隣接する、東京の中心地の非常に魅力的なロケーションにある。晴海校は日本を代表するビジネスグループのひとつであるNTT株式会社とNTTアーバンソリューションズ株式会社の重要な支援を受けている。

新たに開校した晴海校にはすでに480選手が登録され、月曜日から日曜日の16時から21時まで、レアル・マドリード・ファンデーションの方法論に基づいたトレーニングを受けた6名のコーチによって練習が行われている。晴海校は合計560名が登録されている4校(東京足立八潮、横浜山手、千葉長柄、愛知豊田)に加わることになり、今シーズンの総選手数は1,000人を超え、ひとつの節目を迎えることになった。

パートナーシップ
グローバル・フットボール・マネジメントとレアル・マドリード・ファンデーションは日本での取り組みを強化しており、2019年からはNGO法人と共同運営しているバタンバン(カンボジア)のソーシャルスポーツスクールに資金援助を行なっている。その支援は脆弱な立場にある100人以上の子供や若者が教育やプライマリ・ケアを受けることを容易し、家族を支え、農村開発を促進するのに役立っている。グローバル・フットボール・マネジメント代表の増田稿平氏はこのパートナーシップ開始以降、バタンバンのソーシャルスポーツスクールを2回訪問している。
検索