EmiratesAdidas
Acuerdo entre Real Madrid y Meatless Farm

ミートレス・ファームとレアル・マドリードが健康食品部門のグローバルイニシアチブで協力

動画を見る

ニュース | 10/03/2021

肉の消費を減らす重要性を社会に認識させることを目的としている
レアル・マドリードは、世界で健康かつ自然環境に配慮した教育と食生活の推進を目的としヨーロッパで最も発達した植物性食品会社の一つ、ミートレス・ファームとともに活動することになった。両団体は、食品の環境への影響を最小限に抑え、健康と福祉の理由から文化の変化を促進するために肉の消費を減らすことの重要性について社会の意識を高めるため協力関係を結んだ。

レアル・マドリードの栄養士は、ミートレスファームとともにバランスの取れた食事の中で植物ベースの食品がどのように機能するか提示することになる。さらに所属選手は肉の消費量を減らし、環境と個人のパフォーマンスの両方の利益のために食事で摂取される植物ベースの食品を増やすという経験を共有する。
 
国連グローバル・コンパクト
このコラボレーションにより、レアル・マドリードは国連グローバル・コンパクトを構成する最初のサッカークラブになる。これは世界最大となる自然環境保護のイニシアチブであり、現在改装中のサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムが最も効果的で環境に貢献する空間になることを意味している。
 
クラブ渉外部門ディレクターのエミリオ・ブトラゲーニョは以下のように挨拶した。「ミートファームは環境保護と栄養の両面を考慮しており、それはレアル・マドリードとそのビジネス戦略にとって不可欠な二つの要素です。我々はグローバルなチームとして、より環境に考慮した世界を作り、個人の健康とパフォーマンス向上に役立つ真の変化を社会にもたらす上で重要な役割を果たして行きます」。

一方、ミートレス・ファーム創設者のモルテン・トフト・ベック氏は以下のように説明している。「現在の気候危機とその中で食糧が果たす役割に対処したいのであれば、私たちは前進し続けなければなりません。環境保護の責任感を有する主要なクラブの一つであるレアル・マドリードはこの目標を達成するための完璧なパートナー。世界的な変化を生み出すために役立つ価値観、野心、経験、到達範囲、影響力を持っています」。
検索