EmiratesAdidas
Copas de Europa

伝説に彩られた119年

ギャラリーを見る動画を見る

ニュース | 06/03/2021

合計23回欧州王者になっているクラブは1902年3月6日に創設
レアル・マドリードが創設から119年を迎えた。世界最高クラブの歴史は1902年3月6日、マドリード・フットボール・クラブの理事会が初めて公式に開催されたことから始まっている。それ以降、レアル・マドリードはスポーツ界の模範となり、23回の欧州王者(サッカー13 バスケットボール10回 )という実績がその伝説を高めている。

ヨーロッパでの支配にリーガ・エスパニョーラでの優位性は加わっており、昨季34回目のリーガタイトルを獲得し、このランキングでの優位性を強めている。その他、クラブの素晴らしいタイトルは、チャンピオンズリーグ13回、クラブワールドカップ7回、UEFAスーパーカップ4回、UEFAカップ2回、コパ・デル・レイ19回、スーペルコパ・デ・エスパーニャ11回、コパ・デ・ラ・リーガ1回、コパ・ラティーナ2回、ペケーニャ・コパ・デル・ムンド2回が際立つ。さらにレアル・マドリードはFIFAにより20世紀最高のクラブに選出されている。

Trofeo mejor club siglo XX FIFA
昨シーズンはまた、ラウール監督率いるチームがニヨンで開催された最終ラウンドでUEFAユースリーグに初優勝した。そして昨夏から女子チームとそのカンテラがレアル・マドリードの歴史の一部になった。

バスケットボール
バスケットボール部門もレアル・マドリードの成功の別の模範となっており、その成績は近年成長を続け、ユーロリーグ10回、リーガ35回、コパ・デル・レイ28回、スーペルコパ・デ・エスパーニャ6回、インターコンチネンタルカップ4回、クラブワールドカップ1回、サポルタカップ4回、コラックカップ1回、ULEBカップ1回、コパ・ラティーナ1回に優勝している。また、パブロ・ラソは最近、クラブ史上最多試合数のレアル・マドリード監督になったばかりである。

21世紀の中心、サンティアゴ・ベルナベウ
レアル・マドリードのスタジアムは普遍的なアイコンであり続け、サポーターが忘れられない経験を楽しむことが可能となる大きな変化を遂げている。サンティアゴ・ベルナベウとともに、マドリディスタのもうひとつの誇りは世界最高のスポーツ施設であるシウダー・レアル・マドリード。オープンからの15年間、成長を続けている。そして最後に、クラブはレアル・マドリード・ファンデーションを通じて何百もの社会貢献と文化的プロジェクトに参加している。
検索