EmiratesAdidas

レビュー. 24/02/2021. Javier Vázquez. 写真: Antonio Villalba

メンディのゴールがスタディオ・ディ・ベルガモでチームに勝利をもたらし、3月16日ディ・ステファノでの第2戦が次ラウンド進出を賭けた試合になる

チャンピオンズリーグのテーマ音楽が流れると求められるレベルは最高のものになる。それがラウンド16でレアル・マドリードに起こったこと。スタディオ・ディ・ベルガモでアタランタに勝利するため持てる力の全てを尽くさなければならなかった。終了5分前のメンディのゴールによりチームは目標を達成、欧州最高レベルの大会での次ラウンド進出へ向けた最初の難関をクリアした。

イタリアチームは試合序盤から息苦しいほどのプレッシャーをかけ、会誌5分で2本のクロスがクルトワの守るエリアを横切った。ジダン監督のチームはリズムを落ち着かせるためにゴールを各サイドへ動かし、そうすることでスペースを創出して行った。イスコのロングボールからビニJr.が抜け出したがゴッリーニはブラジル人選手の太ももを踏みつけた。17分、主審はアトランタゴールへ向かっていたメンディを倒したフロイラーを退場処分にした。

ホームチームにとって悪い知らせはこれだけにとどまらず、ドゥバン・サパタが負傷しパシャリッチと交代した。イスコビニJr.は37分、38分と先制点を決めるチャンスを迎え、ともにコーナーキックへ変わった。一方アセンシオモドリッチの好クロスからヘディングシュートを放った。しかしより決定的なシーンはカゼミーロで、クロースの蹴ったセットプレーからゴールエリア内からシュートを放った。両選手のコネクションは前回バジャドリード戦ほど良い形では終わらなかった。

ビデオ.0-1: マドリードが勝ち抜けへリード

後半もジダン監督のチームは良い形でボールを展開、少しずつアタランタのエリアの中へ攻め込んで行った。アウトサイドキックでのモドリッチのシュートは一度相手選手に当たったあとゴールポストをかすめ、その後得点を狙ってマリアーノが投入された(57分)。マドリードは直接FKからも得点を狙ったがアセンシオのシュートはゴッリーニが抑えた。

ご褒美の決勝点
チームは諦めることなく仕掛け、残り15分の段階でアリーバスウーゴ・ドゥーロが途中出場した。フォワードの選手はゴール正面から得点を狙ったがディフェンダーに当たった。イタリアチームはマドリードの押し込みに後方を固める作戦へ変更。そのマドリードの努力が86分にご褒美として実を結ぶ。クロースのショートコーナーからモドリッチ、さらにメンディと渡りゴール正面から右足で素晴らしいゴールを決めた。フランス代表選手は素晴らしいゴールにより鮮やかな勝利をもたらした。レアル・マドリードとアタランタは3月16日ディ・ステファノで勝ち抜けに決着をつける対戦を戦う。
 

クロースがシュティーリケの記録に並ぶ

この試合でトニ・クロースがシュティーリケと並んでレアル・マドリード史上最多試合出場のドイツ人選手となった。通算308試合までにクロースは14タイトルを勝ち取っている

100戦目となるノックダウン方式の試合で勝利

レアル・マドリードは初めてチャンピオンズリーグのノックダウン方式での通算100試合に到達したチームとなり、その記録を勝利で飾った

試合日程

年表

審判

トビアス・シュティーラー(ドイツ)、線審:クリスチャン・ギテルマン、エデュアルド・ベイティンガー、第4審判:サンドロ・シェーラー、 VAR:ブノワ・ミロー(フランス)

検索