EmiratesAdidas
Real Madrid - Valencia

2-0:レアル・マドリードがバレンシアに勝利

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 14/02/2021

チームはベンゼマとクロースのゴールによりディ・ステファノで行われた今週2試合目に勝利した
  • リーガ
  • 23節
  • 日, 14 2
アルフレド・ディ・ステファノ
2
0
レアル・マドリードアルフレド・ディ・ステファノで行われたリーガ第23節でバレンシアにチャンスを与えなかった。チームはベンゼマクロースが得点を記録し、素晴らしい前半を成し遂げて試合を決め、今週2勝目を達成した。ジダン監督率いるチームは全てのラインで堅固さを維持し、クルトワが2試合連続で無失点に抑えた。

前半は非常に完璧だった。ベンゼマが試合最初のアクションでジャンプした後、ティエリーにかかとを踏まれペナルティエリア内に落下した。次のチャンスは8分に訪れ、カゼミーロが低弾道のロングシュートでドメネクを苦しめた。そして3度目の決定機でレアル・マドリードが先制する。メンディを起点とした速攻から、カルバハルがボールを持って上がった後、パスを受けたクロースが左サイドにダイレクトではたき、ベンゼマがペナルティエリア外から右足インサイドでのショットをポストぎりぎりのところに突き刺した(12分)。

ベンゼマが今シーズン17得点目を記録した(リーガで12得点)

カルバハルが25分に負傷交代を余儀なくされ、そのポジションにルーカス・バスケスが入ったが、シナリオは変わらなかった。ベンゼマがゴールを狙い続け、まず30分にバックヒールショットでゴールを狙った後、38分にヘディングシュートを放った。ロス・ブランコスが完全に試合とボールを支配し、ハーフタイム前に2点目が生まれた。そのプレーは忍耐強く調理され、モドリッチアセンシオルーカスが何度もパスをつなぎ、最後はクロースが得点を記録した。

コントロール
後半もバレンシアを相手エリアに押し込んだレアル・マドリードのテンポの良いパス回しが継続した中、バレンシア最初のシュートが52分に訪れた。マクシ・ゴメスがシュートを打つが、クルトワがいつも通りにセーブした。その後、メンディがゴールを決めたが、主審がVARの要請により取り消した。そしてアリーバス(71分)、イスコ(78分)、マリアーノ(78分)が投入された。カスティージャの選手アリーバスがペナルティエリア外から左足のシュートを試みると、マリアーノは試合最後のアクションで得点するところだった。それ以上時間はなく、レアル・マドリードがバレンシアとヘタフェ相手に無失点での勝利を飾り、ディ・ステファノで行われた今週2試合を締めくくった。

検索