EmiratesAdidas
Real Madrid - Getafe

2-0: マドリードがヘタフェに勝利

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 09/02/2021 | Alberto Navarro

ベンゼマとメンディがゴールを挙げ、ジダン監督のチームがアルフレド・ディ・ステファノで勝利
  • リーガ
  • 1節
  • 火, 09 2
アルフレド・ディ・ステファノ
2
0
レアル・マドリードが延期されていたリーガ1節の試合でヘタフェを下した。勝負が決したのは後半で、ベンゼマメンディが挙げた得点によりジダン監督のチームは優勢に進めていた流れを決定的なものにした。9人の離脱選手を抱えていたチームは開始1分から手堅さを披露、前半全ての決定機で主役を務めた。5分、モドリッチが蹴ったFKからのボールをカゼミーロがゴールエリア内からシュートしたが、ソフィアンがこれをクリアした。

9分後に前半最大のチャンスが訪れる。モドリッチのCKからのキックにベンゼマがヘディングで力強いシュートを放つもゴールバーを叩く。ヘタフェはクルトワの守るエリアへほとんどたどり着かず、レアル・マドリードは引き続き先制点を狙って攻める。28分にマルビンが意表を突くもクロス性のシュートをソリアが抑え、37分にはモドリッチの左足シュートもCKへ逃れた。

ベンゼマがシーズン通算16点目、リーガ11点目をマーク

後半の立ち上がりにマドリードが決定的なチャンスを迎える。49分、アセンシオが相手ライン間を通す見事なパスをベンゼマへ送り、放たれたシュートは再びソリアが好プレーで対応。しかしフランス人選手にとっての幸運はその11分後に訪れる。ビニシウスJr.が右サイドからクロス、ゴール前へ走り込んだフランス人アタッカーが頭で合わせてソリアのゴールを破った。

最高の時間帯
1-0としたことでマドリードに拍車がかかり7分後に追加点がもたらされる。マルセロが左サイドからクロス、このプレーの起点となりゴール前へ攻め上がっていたメンディが合わせて得点を決めた。チームは守備陣が手堅さを維持、最後までへタフェにチャンスを与えなかった。日曜にはディ・ステファノで新たな試合があり、バレンシアと対戦することになる。

検索