EmiratesAdidas
Alcoyano - Real Madrid

ジダン:「我々は国王杯で敗退したので厳しい瞬間だ」

ニュース | 20/01/2021 | Rodrigo Salamanca

「私は監督であり責任は私にある」とレアル・マドリードの指揮官は語った
ジネディーヌ・ジダン監督が、レアル・マドリードがアルコヤーノ戦に敗れた後、エル・コジャオでの記者会見に出席し、次のように語っていた。「我々は勝利を目指したし、選手たちはそのためにピッチで全力を尽くした。我々には2点目を決めるチャンスがあったが、それを決められない時、今日起こったようなことが起こるものだ。今日はいつもと異なるゲームであり我々は苦しんだ。国王杯で敗退したので厳しい瞬間だ。他のことをやる必要があったが、我々はそれをやらなかった」

「私は監督であり責任は私にある。それを引き受けるつもりだ。選手たちは勝利を目指したし、もしゴールを決めていれば別の試合になっただろう。サッカーではチャンスがあった時、ゴールを決める必要がある。相手のGKは2~3回素晴らしいセーブを見せていた。2点目が入ってくれなかったし、我々は今、大会で敗退した」

責任
「これがサッカーというものだ。我々はセグンダBのチームと対戦したので、試合に勝たなければいけなかったが、これは全く恥ずべきことではない。これはサッカー選手のキャリアで起こることであり、私はその責任を引き受けるつもりだ。我々は今後も努力し続けるつもりだ。我々はこれまでそれをやってきたし、今後もそれを乗り越えていくつもりだ。今後もそれをやる必要がある。今日は新たな辛い日となった。なぜなら我々は負けるのが好きではないからね。特に試合に勝つことを望んでいる選手たちにとってはそうなっている。我々は取り乱すことなく、考え、仕事に取り組み続ける必要がある」

先が長いシーズン
「選手たちは私を信頼していると思うが、そのことは彼らに聞く必要がある。我々は最近、良いことをあまりしていないが、シーズンの中で素晴らしいことをやってきた。リーガチャンピオンズリーグを継続することを考えなければいけないし、まだ物事を行うことができるので、集中する必要がある」

痛い敗北
「試合に負けた時は常に話されるものだし、起こるべきことが起こるだろう。でも私は冷静だ。選手たちは試合に勝つことを目指しているが、うまくいかないこともある。全ての敗北が苦痛だ。私も私の選手も試合に負けるのが好きではない」
検索