LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Borussia Mönchengladbach - Real Madrid

2-2: ドイツで引き分け

ギャラリービデオ

マッチレポート | 27/10/2020

レアル・マドリードはボルシア・メンヒェングラートバッハ戦で終了前のベンゼマとカゼミーロの得点により勝ち点1を獲得
  • チャンピオンズリーグ
  • 2節
  • 火, 27 10
ボルシア・パルク
2
2
レアル・マドリードがメンヒェングラートバッハでのアウェー戦を引き分けた。ジダン監督のチームは87分まで2–0でリードを許していたが終了間際のベンゼマとカゼミーロの得点がボルシア・パルクでの勝ち点1をもたらした。ロス・マドリディスタスは前半を通して試合を支配した。15分を過ぎたところでルーカス・バスケスからの素晴らしいパスを受けたベンゼマが胸でのコントロールのあと得点を狙ったがシュートはゴールを逸れた。

より惜しかったのは29分、クロースが遠目から放ったシュートだがゾマーが好プレーで防いだ。4分後にテュラムがエリア内からの左足のパワフルなシュートでホームチームに先制点をプレゼントした。38分にはアセンシオがチャンスを迎えたが再びゾマーが価値あるセーブを披露した。

アセンシオがポストを叩くシュート
バレアレス州出身のアタッカーは後半最初のチャンスで再び主役になった。エリア内で右足ボレー、ノイハウスがゴールライン上で頭に当てたあとボールはポストを叩いた。

カゼミーロがレアル・マドリードの2ゴールに関与

事態は58分にさらに深刻なものになる。ゴール正面からプレアがシュート、クルトワが防ぐも弾いたボールを詰めていたテュラムが押し込みドブレテを達成した。ホームチームはこれ以上ない得点効率で3分後にはさらなる好機を迎えたが、クルトワがプレアとの1対1を制した。

選手交代
試合終了まであと20分のところでジダン監督はビニJr.クロースに替えてモドリッチアザールを投入。レアル・マドリードはボルシア・メンヒェングラートバッハのエリア内まで攻め込み得点を狙い続けた。74分にはかなり近いところに迫る。ベンゼマの狙い澄ましたパスが相手DFの股間を抜いてゴール前へ、走り込んだアザールがシュートしたがサイドネットを揺らした。

ドキドキの最終盤
チャンピオンズリーグで最多の栄光を掴んだチームは最後まで諦めず、その理由が何なのかを改めて証明した。87分にバルベルデがクロス供給、ファーサイドでカゼミーロがゴールエリアへつなぎ、ゴールを背にしていたベンゼマが美しいシュートでゴールネットを揺らした。そしてロスタイムで同点弾が生まれる。モドリッチがエリア内へパス、ラモスが頭でアシストしカゼミーロが決めた。レアル・マドリードはドイツで勝ち点1を手にした。

検索