EmiratesAdidas
Benfica - Real Madrid

ラウール:「並外れて素晴らしいチームだったし、我々はこの大会に優勝したくて仕方がなかった」

ニュース | 25/08/2020

この大会で大いに苦しんだし、ベンフィカはとてもいいチームだった」とチュストは説明した
レアル・マドリードがファイナルラウンドで、チームをラウールに率いられ、2019/20シーズンのユースリーグに優勝した。試合終了後、指揮官は次のように語っている。「並外れて素晴らしいチームだったし、我々はこの大会に優勝したくて仕方がなかった。これは私が選手として過ごしてきた素晴らしい瞬間に匹敵するものだ。とても素晴らしいことだし、これは選手たちのキャリアで非常に重要なステップとなるので、彼らのことを祝福したい」

「全員にとって歴史的な日だ。私は素晴らしいことをたくさん経験できて幸運だったし、これもそのひとつだ。選手の愛情や、多くの試合を戦うことに慣れていない中での4試合の戦いぶりは誇りに感じることだ」

フィジカル面
「相手にとっては3試合目だったが、我々にとってはユベントス、インテル、ザルツブルク戦後の9日間で4試合目だった。ベンフィカはいい選手を揃えた素晴らしいチームなので、私の選手たちは苦しめられた。我々は優れていたが、後半は苦しんだし、そのことを分かっていた。フィジカル面をギリギリの状態で迎えたが、しっかりと戦ってくれた選手たちのおかげで私は幸せだよ。10点満点の大会だったし、何も変わらないだろう」

チュスト:「監督はマドリディスタのDNAを受け継いでいる」

「これは長年、カンテラで働いてきた全ての人々にとっての賞だ。これはみんなのものだよ。マドリディスタたちがサッカーがなく苦しんだ日々の中、我々をサポートをしてくれたし、我々が欠いていたエネルギーを与えてくれた」

チュスト:「世界最高のクラブを代表できることは大きな誇りだ」
「この素晴らしい選手たちと一緒に、世界最高のクラブを代表できるのは大きな誇りだ。僕はキャプテンとして自分たちのチームに大きな誇りを感じているし、ここに来れなかった人々や、ダニ・ポジャトスのようにこの過程で参加した人々のことを振り返りたいと思う。また僕たちの背後にいて、僕たちを信頼してくれた全ての人々を覚えておく必要がある」

「これは非常に厳しい大会であるし、ベンフィカはとてもいいチームだったので決勝まで進出したんだ。僕たちは体力的に疲れたので後半苦しめられた。監督にはマドリディスタのDNAを受け継いでいて、最後まで誰よりも僕たちをプッシュし、このユニフォームが示す価値観を僕たちに教えてくれた」

検索