EmiratesAdidas
Real Madrid - Villarreal

レアル・マドリード、リーガとスペインスーパーカップの2冠を果たしシーズン終了

ギャラリーを見る動画を見る

ニュース | 08/08/2020 | Rodrigo Salamanca

チームは自宅待機期間のあと10勝1分、クラブ史上34回目のリーガ制覇に欠かせない戦いぶりを披露した
レアル・マドリードがマンチェスターで2019/20シーズンを終えた。今季は34回目のリーガ優勝と la 11回目のスペインスーパーカップを獲得。ラ・リーガは7月16日にアルフレッド・ディ・ステファノで行われたビジャレアル戦で自宅待機期間後のリーガ再開から10連勝とし、数字上のタイトル獲得を決めた。引き分けで終えた最終節を加えると全勝ち点33のうち31を手にするというスペクタクルな戦いぶりだった。

ジダン監督のチームは全38節構成となってからのクラブ最高記録となる最少失点(25点)でシーズンを終え、クルトワはサモラ賞を獲得。さらにリーガ全試合のうち半分以上で無失点(19試合)で、これは1986/87季と1987/88季に並ぶ歴代最高タイ記録となった。マドリードは最多勝利チーム(26勝)で、アウェーで最高のチームであり、ホーム無敗を守った唯一のチームだった(サンティアゴ・ベルナベウで13試合、アルフレッド・ディ・ステファノで6試合)。

Real Madrid - Atlético

スペインスーパーカップ
スーパーカップは1月にジッダ(サウジアラビア)で新しいフォーマットの下で行われ、レアル・マドリードはアトレティコ・マドリード、バルセロナ、バレンシアとともに参加した。準決勝のバレンシア戦ではクロースがCKから直接決めたほかイスコモドリッチの得点により1-3で勝ち進んだ。決勝はアトレティコ・マドリードとのダービーとなり、延長戦まで0-0のままPK戦へ突入。マドリードはこれを4-1で制し、バルベルデが決勝のMVPに選ばれた。
 
ジダン
これまでにチャンピオンズリーグ3回、クラブワールドカップ2回、UEFAスーパーカップ2回、リーガ2回、スペインスーパーカップ2回と計11タイトルを勝ち取っている監督は、レアル・マドリードのベンチで歴史を作り続けている。ジダン監督は、ミゲル・ムニョス(14タイトル)に続き2番目にタイトルを獲得しているマドリードの監督で、タイトルを決める大会決勝の場面では相変わらず無敗を誇っている。
検索