EmiratesAdidas
Real Madrid - Getafe

ジダン:「辛抱強さとチームワークで我々は重要な勝利を手にした」

ニュース | 09/07/2020

「サッカーでは苦しむことなく偉大なものを掴むことはできない」と監督
レアル・マドリードがこれ以上なく力が拮抗していたヘタフェ戦で重要な勝利を掴んだ。試合後、ジダン監督はテレビ電話による記者会見で試合について話した。「今日は満足しなければならない。我々はチームとして素晴らしい試合をし、相手に苦しめられた難しいゲームだったが辛抱強さとチームワークで我々は重要な勝利を手にした」。

「我々は良い仕事をしたが、最も大事なのは選手たちの信念。守るときにチームとして考え、全員が集中している。ボールを失ったときに守り、とても良い形でそれをやっている。もしかすると攻撃的にはフレッシュさが少し足りていないが、実際チームはとても手堅く、これが我々の強みだからこの形を続けて行きたい」。

苦しみ
「中にいるから私は感じないが、監督は選手と同様に苦しむ。なぜなら試合では戦わなければならないのだから。我々には簡単な瞬間なんて全くない。最終的にはそれが好き。苦しむことなく何かを得るなんてことはできないんだから」。

チャンピオンになるだけの守備陣
「我々は物事を良い形でやっていて、それは簡単なことではない。なぜなら3日ごとに試合があり、3日ごとに一つの世界があるんだから。試合に勝つ難しさというのは、今日もそうだし先日のバルセロナでもそうだった。結局我々にとってはそういうもの。まだ先は長く、今やっていることを続けなければならない。最後の戦いが5つ残っている。もし自分たちの手堅さを続けて行くとすればそれは良いこと。今はしっかり疲労回復しなければ。日曜午後2時に次の試合があり、しっかり回復するように考えなければならない」。

最も大事なのは選手たちの信念。守るときにチームとして考え、全員が集中している

「カギとなるのは選手たち。ピッチにいるのは彼らで、難しい瞬間があることを彼らは知っている。サッカーの世界では苦しまずに何かを勝ち取ることは出来ない。私の役割は伝達することで、厄介な瞬間に落ち着き、辛抱してポジティブな状態でいる。それが今あったことだが、ピッチにいるのは彼らで自分たちがやることを信じなければならない。そういうもの」。

選手交代
「交代はチームの流れを変えるためにある。我々の出来が悪かったわけではないが、一つのプラス要素を必要としていてだからこそチームの全員が大事。一人一人が力となり交代でそれをやった。両サイドをしっかりカバーするためのものだったのは事実で、ゴールはサイドでのカルバハルのプレーから生まれた」。

再びラモスが得点
「我々のキャプテンはピッチでのリーダーだが、ピッチ外でも同様。不世出の選手で唯一、すべての選手にそれを伝える存在だということを我々は知っている。彼のゴールを嬉しく思っている。なぜならPKを蹴るとき彼は自信に溢れている。ほぼ80分で、ゴールシーンでのカルバハルの努力はチーム全体でしたことだから。辛抱強く、落ち着きを持ってやれば得点できるということを我々は知っている。それが今日起こった。最後の20分でフレッシュさを持って戦い、これ以上なく重要な結果を出した。我々がやっているのは簡単なことではないから全選手を祝福しなければならない」。

バラン
「首に衝撃があるから今は良い状態ではない。すでに帰宅しており、この先に医師が診察し明日以降どうなるか見て行く。リスクを犯すことはしない。強いダメージがあり、明日詳しくどんな状態なのかを見る」。

検索