EmiratesAdidas
Espanyol - Real Madrid

3試合連続で無失点

動画を見る

ニュース | 03/07/2020

レアル・マドリードはリーガ最少失点チーム(33試合21失点)
レアル・マドリードはすでに6連勝を飾り、タイトル争いでバルセロナを勝ち点4リードしている。チームの良い瞬間の鍵のひとつは素晴らしい守備の仕事にある。リーガ再開後、ロス・ブランコスは2失点しかしておらず、さらにここ3試合のマジョルカ戦(2-0)、エスパニョール戦(0-1)、ヘタフェ戦(1-0)を含む4試合を無失点に抑えている。

リーガ首位チームはまたリーガ最少失点チームになっている。ロス・ブランコスはここまでに戦った33節でわずか21失点。アトレティコ(25失点)とアスレティック(28失点)がこれに続いている。

クルトワがサモラ賞ランキングでトップ

レアル・マドリードはまた、無失点試合が最も多いチームにもなっており、合計で17試合を失点0に抑えてる。さらにジダン監督率いるチームはバルセロナとアトレティコとのリーガ2試合ずつの対戦で失点していない。そしてまたホームでオサスナ、レガネス、ベティス、エスパニョール、アスレティック、バレンシア、マジョルカ、ヘタフェ、アウェーでセビージャ、エイバル、ヘタフェ、バジャドリード、エスパニョール相手に無失点を記録した。

サモラ賞
さらにティボー・クルトワサモラ賞ランキングでトップに立っている。出場したリーガ30試合で18失点(1試合平均0.60失点)というレアル・マドリードGKの成績は、アトレティコのオブラク(33試合25失点、1試合平均0.76失点)とアスレティックのウナイ・シモン(30試合25失点、1試合平均0.83失点)を上回っている。

検索