EmiratesAdidas
Espanyol - Real Madrid

エスパニョール vs レアル・マドリード:首位キープのために勝利目指して

動画を見る

ニュース | 28/06/2020 | Alberto Navarro

チームはリーガ優勝争いで残された7回の決勝戦初戦をRCDEスタジアムで戦う(スペイン時間:22時、日本時間:月曜日5時)
この超特急のリーガ終盤は休みも前節起こったことを消化する時間もほとんど与えてくれない。リーガ優勝争いに向けた決勝戦が7回残る中、レアル・マドリードは今夜、RCDEスタジアムで最下位のエスパニョールとその初戦を戦う(スペイン時間:22時、日本時間:月曜日5時)

ジダン監督が指揮するチームの目標は首位でもう1節終えること。ロス・ブランコスは勝ち点1下回り今対戦をスタートすることになるが、もし勝利した場合、昨日のセルタ対バルセロナが2-2で終わったため、首位のアドバンテージを広げることができる。リーガ再開後に行われた全ての試合に勝利している唯一のチームでい続けらるため、素晴らしい瞬間を継続すしなければいけない。これまで4連勝(エイバルバレンシアレアル・ソシエダマジョルカ)を飾っており、今日は5連勝を目指すことになる。

レアル・マドリードはリーガ再開後に全勝している唯一のチーム

ロス・ブランコスはRCDEスタジアムでリーガで残されたアウェー4試合の初戦をプレーする(アスレティック、グラナダ、レガネスが他のアウェーゲームの相手)。そしてジダンは今対戦に23選手を招集した。起用できるトップチーム20選手にカンテラーノのアルトゥーべハビ・エルナンデスミゲル・グティエレスを加えている。フランス人指揮官はマジョルカ戦をイエローカードの累積で出場停止で欠場したカゼミーロを取り戻した一方、モドリッチメンディを出場停止、ナチョルーカス・バスケスヨビッチを怪我でメンバーに加えらない。

最少失点のチーム
「エスパニョール戦は新たな決勝戦なので、我々は全力でプレーする必要がある」と、リーガ最少失点を誇るチームを指揮するジダンが試合前日の記者会見で明らかにした。ロス・ブランコスは21失点(1試合平均0.65失点)しかしておらず、18失点のクルトワがサモラ賞ランキングトップに立っている。しかしレアル・マドリードの守備陣はまた、ラモス(8ゴール)、バラン(2ゴール)、カルバハルマルセロナチョ(各1ゴール)がゴールを決めて通算13得点を記録し得点面でも際立っている。

対戦相手
エスパニョールは第32節開始前、最下位および残留圏内から勝ち点8差で今日の試合に臨む。さらに昨日解任されたアベラルドの後を継いだスポーツディレクターのルフェテを新監督に迎えやって来る。チームは2連敗しているが、ホーム成績はここ8試合でわずか1敗(3勝4分1敗)と大きく異なる現実を示している。ウー・レイとロス・ブランコスのカンテラーノ、デ・トマースが各4得点でリーガのチーム得点王になっている。

検索