EmiratesAdidas
Real Madrid - Atlético

バラン、レアル・マドリード加入から9年

ギャラリーを見る動画を見る

ニュース | 27/06/2020

フランス人DFは2011年6月27日に入団発表、これまで313試合に出場し17タイトルを獲得している
2011年6月27日、ラファエル・バランレアル・マドリードでの自身の歴史をスタートさせた。この日サンティアゴ・ベルナベウで入団発表が行われ、約10年が経過した現在では世界最高のディフェンダーの1人となっている。フランス人ディフェンダーはこの9年であらゆるものを勝ち取り、クラブ・ブランコで伝説となる経歴を作った。獲得タイトルはチャンピオンズリーグ4回、クラブワールドカップ4回、UEFAスーパーカップ3回、リーガ2回、国王杯1回、スペインスーパーカップ3回となっている。
 
バランは313試合に出場し、ラモス、マルセロ、ベンゼマに続きトップチーム4番目の在籍期間を誇る選手になっている。さらにクラブ2番目の試合数を誇るフランス人選手。これを上回るのは上述のベンゼマだけになる。マドリディスタとしてのデビュー戦はエル・サルディネーロでのラシン戦で当時若干18歳。初ゴールはその次の試合となるベルナベウでのラージョ・バジェカノ戦だった。これまで計15得点を記録し、今季はレアル・マドリードでの200勝超えを果たしている。
 
忘れられない1年
マドリディスタとしての成功はフランス代表での活躍に繋がっている。19歳から代表選手で、2018年は彼にとって忘れられない年に。レアル・マドリードで欧州王者に、フランスでは世界チャンピオンとなった。
検索