EmiratesAdidas
Entrevista Courtois

クルトワ:「今後訪れるものへ向けて準備が出来ていると感じている」

ニュース | 29/05/2020

UEFA公式メディアとのインタビューで守護神は「練習に戻る意欲がすごくあったし、僕らはとても良い形でやっている」と話した
ティボ・クルトワがUEFA公式メディアの取材を受け、検疫期間後の練習再開について話した。「練習に戻る意欲がすごくあったし、僕らはとても良い形でやっている。個別に練習しなければならなかったから最初の1週間は変な感じだった。だけど最近の数週間は少人数のグループでやっていて、より多くのことができるようになっている。そのうえ僕は手でのボールの感覚を失っていない。2ヶ月が過ぎた後の最初の練習で失ったものは何もないと気付いた。だからこそ自分はこの先に待っているものに向けた準備が出来ていると感じている」。

「僕らはほぼ通常の練習をしていて、最後の11試合を最高の形でスタートするため少しずつフィジカル面のトレーニングをしている。チームメイトと顔を合わせ、練習する意欲がすごくあった。現在のテクノロジーがあって幸運だった。なぜってもし25年前にこうだったとしたら、状況は全く違っていただろうから」。 
 
練習のプロトコル
「いくつかのことで僕らは慣れていないとはいえ、守らなければならないプロトコルがある。最初の週に僕らはそのことに気づかされた。最初からGKコーチはいたけど、この時はシュートを打つこともパスを出来なかった。そういったことは最初は奇妙だったけど僕らは慣れて来ている」。

僕らは可能な限り最高の形でスタートするよう練習している

「グループ練習をする中でもうシュート練習をするようになっているし、フィールドプレーヤーはボールポゼッションのトレーニングをすることができる。例えばGKの練習はこれまで僕のキャリアでやって来たことと同じ。僕らにはそういった練習での競争、11対11での試合、みんな一緒に笑うことといったものに対する大きな意欲がある。少しずつ段階を進んで行く中でできることをやり、現時点で僕らはプロトコルに従って練習している」。
 
自宅での練習

「家で僕はランニングマシンやウエイトトレーニングをやって来た。同じではないとはいえ、僕の家には庭があり屋外でトレーニングをする幸運があった」。

検索