EmiratesAdidas
contenido

2020年3月21日、1995年から2000年までレアル・マドリード会長を務めた人物が死去した

ロレンソ・サンス会長時代にレアル・マドリードは、チャンピオンズリーグ2回、インターコンチネンタルカップ1回、リーガ1回、スペイン・スーパーカップ1回、バスケットボールのリーガとサポルタカップに各1回優勝した

2020年3月21日、1995年から2000年までレアル・マドリード会長を務めたロレンソ・サンスが死去した。ロレンソ・サンスの会長時代にクラブはその歴史と伝説を大きなものにし続け、1998年にはアムステルダムで32年ぶりとなる7度目のチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げた。

ロレンソ・サンスのレアル・マドリード会長時代、クラブは次の7タイトルを獲得した。それはチャンピオンズリーグ2回、インターコンチネンタルカップ1回、リーガ1回、スペイン・スーパーカップ1回、バスケットボールのリーガとサポルタカップ各1回。

ロレンソ・サンス死後、愛情と哀悼の意がすぐに表され、フロレンティーノ・ペレス会長はその姿を次のように思い出した。「彼は32年という長い間マドリディスタが待ち望んでいたチャンピオンズリーグ優勝を我々にもたらせました。彼の会長時代、我々は欧州大会で改めて偉大な存在になりました。彼のファミリーであるレアル・マドリードが自身の希望であり、その人生の大半を捧げてきた偉大なマドリディスタが我々を置いて旅立って行きました」

フロレンティーノ・ペレス会長:「彼と共にレアル・マドリードはその歴史と伝説を大きなものにし続けた」

マドリディスモのリアクションは続いた。選手、監督、クラブのレジェンドがSNSを通じてその死を嘆き、ロレンソ・サンスの家族はその励ましの証に対して感謝を述べた。彼の息子ロレンソ・サンスは「今は家族、そしてマドリディスモ全体にとって辛い時。父のレアル・マドリードへの情熱は尋常ではなかった」と語った。一方、フェルナンド・サンスは「父の功績が再認識されたことに感謝する。彼は謙虚な人間で、その人生をレアル・マドリードに捧げていた」と付け足している。

検索