EmiratesAdidas
Real Zaragoza - Real Madrid

0-4: サラゴサで勝利、カップ戦準々決勝へ進出

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 29/01/2020 | Alberto Navarro | 写真: Helios de la Rubia

バラン、ルーカス・バスケス、ビニシウスJr.、ベンゼマが得点をマーク、レアル・マドリードは20試合連続無敗
  • 国王杯
  • ベスト16
  • 水, 29 1
ラ・ロマレダ
0
4
レアル・マドリードが今季国王杯を制したいという意思を改めて示した。ロス・ブランコスはサラゴサを下し準々決勝進出を決めた。試合開始当初からチームはその集中力の高さを証明、高い位置からプレッシャーを掛けて行った。その証拠と言えるのがキックオフ6分でのリード。先制点はフリーキックから生まれた。クロースがショートコーナーでカルバハルへパス。ドイツ代表選手へボールを戻すとすかさずゴール前へクロス、ゴール逆サイドで待っていたバランがボールを押し込んだ。

サラゴサは反撃に転じ、23分にはあわや同点というシーンがあった。ゴール正面から香川がシュートするもアレオラが見事な反応で防いだ。この選手がロス・ブランコスを刺激し、キックオフから30分で点差を広げる。先制点を含む2点に関与したクロースが敵ゴール前でボール奪取してルーカス・バスケスへパス。左足でコントロールした上で右足ミドルを決めた。

マルセロがレアル・マドリードで通算500試合出場を達成

後半も同様の形が続く。レアル・マドリードが試合を支配し、サラゴサは反撃を狙った。あるいは最初の好機はホームチームだったかもしれないが、57分にハメスが放ったループシュートはゴールを逸れた。その後ルイス・スアレスとアレックス・ブランコの投入で本拠地チームが勢い付くも立ち向かう相手は非常に手堅く、チャンスと言えるものをほとんど与えなかった。

ビニシウスJr.の素晴らしいゴール
その後も時間は経過し、72分にこの日1番のゴールが生まれた。ビニシウスJr. がハメスとの連携プレーから相手エリア内へ侵入、相手GKの意表を付くループシュートを逆サイドネットへ決めた。この後もまだまだ見どころがあり、アレオラが78分、ルイス・スアレスとの1対1を防ぎ、その2分後に4点目が入る。ブラヒムが相手守備ラインを切り裂くパスを打ち込むと、走り込んだカルバハルが右サイドからクロス供給。ゴール前に走り込んだベンゼマが最後にボールを流し込んだ。レアル・マドリードはこれで国王杯準々決勝に進出し、20試合連続無敗。金曜には次ラウンドの対戦チームが判明する。

検索