EmiratesAdidas
Real Madrid - Athletic

0-0:ポストとクロスバーがレアル・マドリードの勝利を阻む

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 22/12/2019

ロス・ブランコスは年内最終戦でアスレティックを倒すチャンスを何度も作ったが、シュートが合計で3度ポストとクロスバーに直撃した
  • リーガ
  • 18節
  • 日, 22 12
サンティアゴ・ベルナベウ
0
0
レアル・マドリードは勝利するに相応しい試合でアスレティックと引き分け、2019年を終了した。決定的なゴールチャンスを何度も作るも、シュートをクロスバーに2度、ポストに1度直撃し勝利が阻まれた。最初のチャンスはビニシウスJrの足から生まれた。12分に相手エリアでボールを奪い、ベンゼマと連携し、シュートを打つかと思われた瞬間にイニゴ・マルティネスをかわしたが、GKとの1対1でウナイ・シモンにファインセーブされた。その7分後、クロースのペナルティエリア内からのシュートもウナイ・シモンに肩で防がれた後、クロスバーを直撃した。

さらなるチャンス
ウナイ・シモンのファインセーブに救われていたアスレティックは数少ないチャンスの中、31分にウィリアムズがカウンターからシュートを放つもクルトワにセーブされた。ボールをキープし続けたロス・ブランコスはその後反撃する。クロースからのパスを受けたベンゼマがペナルティエリア内でウナイ・シモンを美しいドリブルでかわしシュートするも、ゴールライン上でヌニェスにクリアされた。また43分に主審がコドロのゴールをオフサイドで取り消しにした。

レアル・マドリードが13戦無敗をキープ

レアル・マドリードはハーフタイム後もゴールするに相応しいプレーを継続した。59分にクロースが蹴ったCKを、ミリトンと交代したばかりのナチョがダイビングヘッドで合わせるも、またもやクロスバーを直撃する。さらにロドリゴと代わったベイルが70分にペナルティエリア正面からゴールを狙うも、わずかにシュートを枠に飛ばすことができなかった。その2分後、ジダン監督は最後の交代枠でビニシウスJrに代えてヨビッチを投入した。

ヨビッチのシュートがポスト直撃
時間が経過し、レアル・マドリードはゴール目指して全力を尽くした。そして86分、カルバハルのクロスからヨビッチが素晴らしいヘディングシュートを放つもポストに当て、ロス・ブランコスは決定的な3度目のチャンスも阻まれた。より良い結果で終わるに値したレアル・マドリードだったが運に見放され、試合はスコアレスドローで終了した。

検索